SASとCTC、和歌山県データ利活用コンペティションにデータサイエンス教育プラットフォームを提供

高校生・大学生がデータを用いて社会課題を解決する提案をサポート

SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)と、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲、略称 CTC)は、データ・サイエンティスト育成支援の一環として、「第2回和歌山県データ利活用コンペティション」へデータサイエンス教育プラットフォームを提供することを発表いたしました。

本コンペティションでは、「高齢者が活躍できる社会づくり」「UIターン就職・若者の定住促進」をテーマに、高校生・大学生がデータによる社会課題の解決に取り組みます。今回、アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSASとCTCは和歌山県のこの取り組みに賛同し、両社の強みを生かして、共同でコンペティションのためのデータ分析環境を提供します。コンペティションの参加者はこの環境で、発表のために必要なデータを自由に取り込んで、簡単な集計だけでなく、基本的な統計解析、より高度な機械学習手法までをビジュアルなインターフェースで分析することができます。今回、両社は分析環境・機能の提供に加え、利用が想定されるオープンデータを使用した分析パターンのサンプル集を提供することで、より高度なデータ分析に興味を持つ大学生・高校生を支援します。

今回提供するデータサイエンス教育プラットフォームは、SASとCTCが共同で推進するデータ・サイエンティスト育成支援活動の中核をなすデータ分析環境です。昨今、重視されはじめている企業の実データを使用したデータサイエンス教育においては、教育現場の負担を最小限にしつつ、セキュアで一貫性のあるオープンなデータ分析環境が求められることが、これまでの両社のビジネスおよびアカデミア領域での経験からわかってきました。本プラットフォームは、CTCのIaaS型クラウド「TechnoCUVIC」上でSASの最新AIプラットフォーム「SAS Viya」が稼働するもので、セキュアで拡張性が高く教育現場の柔軟なニーズに対応しています。また、プログラミング言語が使えない学生でもビジュアルインターフェースを使ってデータ分析が可能です。

現在、企業や自治体におけるデータ活用の必要性が高まる一方で、それを担う人材は不足しています。SASとCTCは、このデータサイエンス教育プラットフォームの提供を通じて、アカデミアにおけるデータ・サイエンティストの実践的な育成支援に今後も積極的に取組んでいきます。

第2回和歌山県データ利活用コンペティションについて
和歌山県は、総務省統計局・独立行政法人統計センターと連携してデータの利活用や統計的思考の重要性を積極的に取り組んでいます。その取り組みの一つとして、2017年より次世代の日本を担うデータ・サイエンティストを育成すべく全国の高校生及び大学生等を対象とした「和歌山県データ利活用コンペティション」を開催しています。
開催概要:https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/compe.html

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称 CTC)について

CTCは、通信、放送、製造、金融、流通・小売、公共・公益、ライフサイエンス、科学・工学等の全ての分野で、お客様のパートナーとなるシステムインテグレータです。先進的なITベンダーとのリレーションによる確かな技術力と充実したサポート体制でデータ分析ソリューションやクラウドサービスをお客様の状況に応じて組み合わせ、コンサルティングから設計、開発・構築、運用・保守サポートに至る総合的なITサービスを提供します。
www.ctc-g.co.jp

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。
記載されている会社名、製品名、サービス名は伊藤忠テクノソリューションズ(株)または各社の商標もしくは登録商標です。
その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:山中
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com
  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
    広報担当:岡田
    TEL:03-6203-4100
    FAX:03-5512-3013
    E-mail:press@ctc-g.co.jp

Back to Top