大和証券 AI推進室、SASのAIテクノロジーを活用して顧客の絶大な支持を獲得、「圧倒的なクオリティー No.1」に向けた取り組みを進化

~「SAS® Analytics」が営業・マーケティング体制強化を強力に支援、
商品購入率2.7倍、離脱率半減などの高いROIを実現~

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下 SAS)は、大和証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中田誠司、以下 大和証券)が、「SAS® Analytics」を活用した顧客理解にもとづく提案力の向上により、営業・マーケティング体制が強化され、顧客の商品購入率が2.7倍に向上する一方で離脱率が半減するなど、高い効果を上げていることを発表しました。

「圧倒的なクオリティー No.1」をスローガンに掲げる大和証券では、AIなどのテクノロジーを活用した顧客提案力の強化と業務効率の改善、継続的な顧客満足度の向上を目指し、2015年4月にAI推進室を設立しました。AI推進室はSAS Analyticsを導入し、SASのAIテクノロジーを活用した商品別の購買予測や顧客離脱予測など、顧客ごとの状態変化を予測するモデルを構築、予測結果にもとづいた最適なアクションを営業員に配信する仕組みを実現しました。これにより営業員は顧客一人ひとりに最適な商品提案と情報提供が可能となり、業務効率が大幅に向上しました。取り組みを継続した結果、導入から一年半程で、商品購入率2.7倍、離脱率半減などの大きな成果が上がっています。

大和証券、AI推進室長の長谷川理氏は、次のように述べています。
「SASは国内外の銀行・証券をはじめとする金融機関で豊富な実績を有しており、業界特有のニーズに対応する提案力と専門性の高いコンサルティング・サービスも兼ね備えた、非常に頼りがいのあるパートナーです。SAS製品は機械学習をはじめとする豊富で高度な分析手法を提供するだけではなく、専門知識がないビジネスユーザーでも簡単に利用できるユーザー・インターフェイス、そして大容量データを高速に取り扱えるハイパフォーマンスな処理エンジンも兼ね備えており、それらの要素も採用の大きな後押しとなりました。導入当初はAI推進室だけだったユーザーも、一年半が経つ今では全社複数部門に広がっており、今後もさらに拡大する見込みです。

SASの導入によって、ほぼ全ての金融商品が予測対象として網羅され、顧客の特性や取引状況に応じて、ピンポイントで最適な商品提案を行えるようになりました。お客様にとっても、より高い投資効果が得られる提案を享受できるようになったことは大きなメリットであり、2.7倍という商品購入率の向上が、その事実を裏付けています。多くの営業員から『お客様への提案の糸口として有効』、『見落としがちなポイントを気づかせてくれる』といった声が寄せられるようになり、より付加価値の高いサービスを提供していきたいというモチベーションも増々高まっています。今後は外部の公開データ等も活用し、さらなる顧客理解を進めるとともに、対面営業とデジタルチャネルの融合やカスタマー・ジャーニーの最適化を目指していきます。また現在取り組んでいる証券EBMをSASのAIでさらに高度化すると同時に、SASのマーケティング・ソリューションでオムニチャネル施策を促進するなどして、多様化する顧客の投資ニーズに応え、顧客資産と収益の拡大、ひいては顧客満足度のさらなる向上を目指して参りたいと思います」

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関するお問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top