SAS、顧客満足度と顧客ロイヤルティにおいて第1位を獲得:IT意思決定者へのアンケート結果から

~IT意思決定者は他のテクノロジー・ベンダー製品よりもSAS製品を購入する意向が強いことが、NPS(Net Promoter Score)指標で明らかに~

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、米国の調査会社であるTemkin Groupが先ごろ実施した「Tech Vendor NPS Benchmark, 2015」調査で、「顧客満足度」と「顧客ロイヤルティ」において第1位のテクノロジー・ベンダーに選出されました。SASは、「購買動向指数」においても第1位に選出されるなど、顧客のニーズにフォーカスしたソリューションとサービスを提供し、高い評価を受けていることが、本調査結果から明らかになりました。

この調査は年間売上2億5,000万ドルを超える北米の大企業800社のIT意思決定者を対象にカスタマー・エクスペリエンス専門の調査会社Temkin Groupが実施しました。回答者が顧客の立場で、複数のテクノロジー・ベンダーと関わった経験をNPS®(Net Promoter Score®)を用いて調べました。NPSは、顧客ロイヤルティの測定に有効な指標であり、顧客が友人や同僚に企業を推奨する可能性を算出するものです。

2015年調査のNPSの業界平均値は31.8でしたが、SASはそのほぼ2倍となるNPS値57を獲得しました。

SASは、「2015年の支出を昨年と比べてどのように変更する予定か」の回答に基づいて行った「購買動向指数」においても最高得点を獲得しました。この分析から、IT意思決定者は、今回の調査対象となった他のテクノロジー・ベンダーよりもSASから購入する意向がより強いことが予見されます。

SASのカスタマー・インテリジェンス担当グローバル・ディレクターのウィルソン・ラジ(Wilson Raj)は、「お客様にSASのソリューションとサービスにご満足いただき、本調査においても高い評価を頂戴したことを大変嬉しく思います。『顧客満足度と顧客ロイヤルティで業界をリードする』という、SASが常に心掛けていることを、今回の調査データは実証してくれました。今後も引き続き、お客様のビジネスにおけるカスタマー・エクスペリエンス・プログラムの開発を、最大限に支援してまいります」と述べています。

SASは顧客へのコミットメントのために、売上の23%を研究開発に投じています。ヘルスケア、小売、金融、ホテル、スポーツなどのさまざまな業種の企業がSASを活用してカスタマー・エクスペリエンスを高め、マーケティング・コストの削減と利益の向上を実現しています。

「SAS® Customer Intelligence」は市場で最も包括的なマーケティング・テクノロジー・プラットフォームであり、顧客中心の戦略と事業目標とのリンク、ビッグデータやアナリティクスからの洞察の導出、オムニチャネルを活用した顧客との対話の最適化、顧客のデジタル・エクスペリエンスの理解など、マーケティングにまつわる多くの重要課題を解決することで、顧客中心の事業決定の推進を支援します。

「Tech Vendor NPS Benchmark, 2015」調査については、こちら(英文)でご覧いただけます。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top