SAS、米Fortune誌の米国内「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社ベスト100)」で第4位に選出

~クリエイティブな人材の獲得・維持が会社の基盤強化と顧客との関係構築につながる~
*2015年3月5日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下SAS)は、米Fortune誌が毎年発表している米国の「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社ベスト100)」2015年版で第4位に選出されたことを発表しました。SASがトップ10入りするのは今回で12回目となり、今年は、ワーク・ライフ・バランスの推進とやりがいのある仕事の提供が評価されています。

SASはこのランキングが開始されて以来、毎年名を連ねています。SASのCEO(最高経営責任者)のジム・グッドナイト(Jim Goodnight)は、会社が成功するか否かはクリエイティブな社員を確得・維持できるか否かにかかっているとして、「SASの最高の職場環境は社員全員で作られています。だからこそ、成功を続けるには最高の人材を集め、維持し、育成していくことが大切なのです」と述べています。

SASの右肩上がりの増収増益と一貫した低離職率が示すように、クリエイティブな人材の維持が会社全体の成功に寄与しています。SAS社員の離職率は業界水準の16%超に対して5%未満となっています。離職者を減らすことで、SASは培ったノウハウの維持とともに、顧客との間により緊密かつ長期的な関係を構築しています。

SASの人事担当副社長であるジェン・マン(Jenn Mann)は、「最も働きがいのある会社ランキングは、社員の評価によって決定される比重が高いため、常連としてランキングに名を連ねることは非常に重要です。SASの経営陣は、社員と彼らの仕事を大切に考えています。SASの社員は誰もが会社に情熱を注いでいます。そしてSASに集まった素晴らしい人材が他では得られない職場での経験を作り出しています」と述べています。

SASは昨年、Great Place to Work®の発表した「Top 25 World's Best Multinational Workplaces (働きがいのあるグローバル企業世界ランキングベスト25社)」およびFortune誌の米国内「2013 Best Companies to Work For (2014年版最も働きがいのある会社)」において、ともに第2位に選出されました。また後者の2010年と2011年のランキングではともに第1位に選出されています。

ランキングに選出された企業一覧、企業紹介、および関連記事は http://www.greatplacetowork.net/ で公開されているほか、3月5日号のFortune誌(英語)に掲載されています。

Great Place to Workについて

Great Place to Workは、信頼と業績に裏打ちされた職場文化に関するグローバルな調査機関です。働きがいのある会社ランキングや職場評価をはじめ、独自の評価ツール、助言サービス、経営者向けブランディング・プログラムを通して、優れた職場文化を創造、維持、認識するために必要なベンチマーチやフレームワーク、専門知識を提供しています。従業員の「信頼度」を測定する58の設問からなる従業員アンケートのTrust Index©は、企業全体の信頼度の向上と事業業績の改善につなげるために世界中で活用されています。Great Place to Workは、Fortune誌が毎年発表している「100 Best Companies to Work For(最も働きがいのある会社ベスト100)」向けの調査をはじめ、Great Place to Workによる「Best Small and Medium Workplaces (最も働きがいのある中小企業ベストランキング)」を発表しています。Great Place to Workの詳細はwww.greatplacetowork.comまたはツイッター(@GPTW_US)をご参照ください。

Fortune誌について

Fortune誌はプリント版とオンライン版で合計900万人以上の読者を抱えるビジネス誌のグローバルリーダーです。Fortune誌は、果敢なイノベーター、スマートな企業、新しいアイデア、革新的な戦略を取り上げて読者を鼓舞し、ビジネスの成功を後押ししています。また、「Fortune 500」、「100 Best Companies to Work For」、「World’s Most Admired Companies(世界で最も賞賛される企業)」、「40 Under 40(40歳以下の富豪40人)」、「Fastest-Growing Companies(最も急成長している企業)」を発表しています。さらに、「Fortune Most Powerful Women」、「Fortune Brainstorm Tech」、「Fortune Brainstorm E」、「Fortune Global Forum」などの多様なカンファレンスも開催しています。Fortune誌はiPadアプリに対応した最初のビジネス誌であり、ツイッターのフォロワー数は150万人を超えています。Fortune.comは月平均のユニーク・ビジター数が700万人を超えるなど、サイト開始以来急成長を続けています。Fortuneからの最新ニュースは、Fortune誌のオンライン版(Fortune.com)、ツイッター(@FortuneMagazine)をご参照ください。Fortune誌が発表した2015年の各種ランキング一覧は2015 Fortune List Winner Resourcesをご確認下さい。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:許、増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top