新世代データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「SAS® Visual Analytics」、小規模導入を可能にし、幅広い顧客ニーズに対応

~4コア・サーバーをサポートし、リーズナブルな価格によって、より多くのユーザーにパワーと俊敏性を提供~

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、「SAS® Visual Analytics」が小規模ユーザーの利用に対応開始したことを発表しました。SAS Visual Analyticsは、世界で2,000社以上の企業が導入しているSASのデータ・ビジュアライゼーション・ソフトウェアです。今回新たに最小構成4コア・サーバーからの利用が可能となったことで、安価なコモディティ・ハードウェア環境上でビジネスにおける重要な洞察を提供できるようになりました。

SAS Visual Analyticsは、レポーティング、ダッシュボード、データ・ディスカバリー、使いやすいアナリティクスを提供するプラットフォームとして広く認識されています。これまで、グローバル規模の大企業などがデータのレポーティングや分析に活用していたのとまったく同じ、セルフサービス型のポイント&クリック分析を、小規模ユーザーでも利用できるようになりました。ライセンス・オプションは4コアから始まり、無制限に拡張することができます。さらにユーザーは、SAS Visual Analyticsをアマゾン ウェブ サービス(AWS)クラウド上で導入する選択も可能です。

SASシニア・バイスプレジデントのジム・デイビス(Jim Davis)は、「SAS Visual Analyticsはすでに2,000社以上に導入されていますが、このたびのエントリーレベルの構成によって、インタラクティブにセルフサービス型でデータを探索したいという、より多くのビジネス意思決定者にこのソフトウェアのメリットを提供できるようになりました」と述べています。

SAS Visual Analyticsは2年前のリリース以来、業界アナリストから高い評価を受けています。「Forrester WaveTM:アジャイル・ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム(2014年第3四半期)(The Forrester WaveTM: Agile Business Intelligence Platforms, Q3 2014)」の調査レポートにおいて、「SASはSAS Visual Analyticsを筆頭にアジャイル・ビジネス・インテリジェンスの分野で他を大きく引き離しているが、SAS Visual Analyticsにはエントリーレベルのオプションがない」と指摘されていました。しかし、この指摘も過去のものとなりました。

オンライン/オフラインのデータおよびアナリティクスを駆使したソリューションを専門とする米国のマーケティング・サービス・プロバイダーの89 Degrees社は、ビジネス・インテリジェンスとアナリティクスの広範な需要に応えるために、同社のクライアントがSAS Visual Analyticsを導入した結果、洞察に富んだ顧客分析と効果的なマーケティング・キャンペーンの実行が可能になり、マーケティング・コストの削減と、売上の増加に成功したと語っています。

89 Degrees社 マーケティング・インテリジェンス部門 バイスプレジデントのJundong Song氏は、「当社はアナリティクスのことを熟知していて、当社チームの誰もが従来の分析ツールを難なく使いこなして満足しているのですが、当社のクライアントの多くは、ユーザー・フレンドリーなインターフェースと視覚化されたデータを求めています。SAS Visual Analyticsはこうしたクライアントのデータ探索に革新をもたらしてくれました」と述べています。

SAS Visual Analyticsの詳細については、こちらをご覧ください。
業種別活用例のデモンストレーションや、オンラインの体験版も、こちらからお試しいただけます。

*Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS およびAmazon Web ServicesロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:許、増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top