SAS Institute Japan、女子プロゴルファー藤本麻子選手との2014年スポンサー契約を締結

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田仁志、以下 SAS)は、女子プロゴルファーの藤本麻子(ふじもと・あさこ)選手と2014年シーズンにおけるスポンサー契約を締結したと発表しました。藤本選手とのスポンサー契約は、今回で4年目のシーズンになります。

藤本選手は、昨年の2013年シーズンでは、マンシングウェアレディース東海クラシック、大王製紙エリエールレディスオープンで2位入賞を二回、アース・モンダミンカップで3位入賞という安定した成績を残し、年間の賞金ランキングも2012年の41位から15位に躍進しています。
藤本選手は、2009年にLPGA新人戦 加賀電子カップで優勝しプロ入りし、2年目のシーズンとなる2011年シーズンでは、伊藤園レディスゴルフトーナメントで念願の初優勝を果たしています。

SASは、企業の経営課題解決を支援するビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーです。高度な分析と将来予測を実現するアナリティクス・ソフトウェアの提供により、企業のイノベーションとパフォーマンス向上に貢献しています。ゴルフというデータと戦略が必要とされるスポーツにおいて、藤本選手のゴルフへの情熱と、その緻密さと正確さを追求するプレースタイルが、SASの理想とするイメージと合致することから2011年3月にスポンサー契約を初めて締結しました。藤本選手は、米ツアーを目指し、たゆみない努力を重ねチャレンジを続けています。さらなる飛躍を目指し挑戦する藤本選手を引き続きサポートし、ともに成長していきたいという思いから、2012年、2013年シーズンに引き続き、2014年シーズンのスポンサー契約締結に至りました。

SASの代表取締役社長 兼 北アジア地域副社長の吉田仁志は、「2014年シーズンの藤本麻子選手のスポンサー契約を締結でき、嬉しく思います。今年、藤本麻子選手が優勝を目指し、昨年以上のすばらしい活躍を見せてくれることを期待し、全社員一丸となって応援していきたいと思います」と述べています。また、藤本選手は2014年シーズンに向け、「今年はさらにプレーの精度を高め、春先からスタートダッシュして2勝目、3勝目を目指して頑張りたいと思います」と意気込みを述べています。

SASは本年も引き続き、世界を目指す若きプレーヤー藤本選手を応援していきます。

<藤本麻子選手プロフィール>
生年月日: 1990年5月28日
出身地:岡山県
プロ転向:2009年8月

主な成績:
 2009年
   LPGA新人戦 加賀電子カップ/優勝
 2010年
   西陣レディスクラシック/4位タイ
   フジサンケイレディスクラシック/2位タイ
   2010年 GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー
 2011年
   フジサンケイレディスクラシック/5位タイ
   スタンレーレディスゴルフトーナメント/4位タイ
   NEC軽井沢72ゴルフトーナメント/5位
   CAT Ladies/6位タイ
   富士通レディース/3位タイ
   樋口久子森永製菓ウイダーレディス/6位タイ
   伊藤園レディスゴルフトーナメント/優勝
2012年
   サマンサタバサレディスクラシック/8位タイ
   樋口久子森永製菓ウイダーレディス/3位タイ
2013年
   アース・モンダミンカップ/3位タイ
   NEC軽井沢72ゴルフトーナメント/6位
   CAT Ladies/8位タイ
   ニトリレディスゴルフトーナメント/7位タイ
   マンシングウェアレディース東海クラシック/2位タイ
   ミズノクラシック/7位
   大王製紙エリエールレディスオープン/2位

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top