米国の非営利組織INTEGRIS Healthが「SAS® Visual Analytics」を採用

~SASのビジュアル・データ探索ソフトウェアにより、医学的知見による迅速な意思決定と柔軟な情報共有を実現~
*2013年9月5日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、米国の非営利組織INTEGRIS Health(以下 INTEGRIS)が、「SAS® Visual Analytics」を採用したと発表しました。米国オクラホマ州最大のヘルスケア関連サービスを提供するINTEGRISは、SAS Visual Analyticsを活用することにより、大量のデータを迅速かつ容易に分析し、緊急救命室(ER)の患者の出身地域や現在の治療状況などのリソースの要件と使用状況を州全体で把握できます。同機関は今後、リソースの使用状況や医療の傾向を分析することで、オクラホマ州のヘルスケア・ニーズに応えるだけでなく、コスト効率を極限まで高めた形で、業務を遂行していきます。

SASの長年の顧客であるINTEGRISは、あらゆるサイズのデータを極めて短時間に検証できることから、インメモリ・ソリューションであるSAS Visual Analyticsの採用にいたりました。ユーザーは、パターンを突き止め、さらなる分析の機会を特定するとともに、WebレポートやiPad®、Androidタブレットを通じ、得られた結果をビジュアルに表示できます。また、データを素早くメモリ上に読み込み、高速な処理によりデータ・ビジュアライゼーション(視覚化)を実行することで、サンプルの抽出ではなく、データ全体の検証が可能となります。数十億行ものデータの相関関係もわずか数分、数秒で実行し、得られた結果については、チャートやグラフ、アニメーションといった分かりやすい形で表示できます。これにより、視覚化しなければ把握が困難であったデータ内のパターンや傾向、関係性を、速やかに特定することが可能となります。

INTEGRISの社長兼CEOである、Bruce Lawrence氏は、「INTEGRISは、病院やクリニックから、障害者支援センターにいたる、オクラホマ州のあらゆる医療情報を集約しています。私たちは、各施設で日々生成されるデータを活用することが求められていますが、SAS Analyticsにより、データを素早く検証し、サービスをより効率的に管理することが可能となります。その結果、すべての現場において、患者に提供する医療の品質を向上することができ、患者の健康状態も改善することができます」と述べています。

SASのCMO(最高医療責任者)であるグラハム・ヒューズ博士(Dr. Graham Hughes)は、「SAS Visual Analyticsは、位置をピンポイントで特定するGPSのような存在であり、データを短時間で探索することで素早いレポート作成を実現します。これにより、INTEGRISは、リソース管理・配分、コスト削減、品質の向上をより効果的に実行することができ、最終的には、患者に提供する医療の品質を高めることが可能となります」と述べています。

<INTEGRIS Healthについて> 

INTEGRIS Healthは、病院、リハビリセンター、医療クリニック、メンタルヘルス施設、障害者支援センター、在宅医療介護サービス組織など、オクラホマ州全域にわたり医療施設を運営する、同州最大のヘルスケア関連サービスを提供する非営利組織です。詳細については、www.integrisOK.comをご参照ください。

SASのヘルス・アナリティクス向けソリューションの持つテクノロジーとスキルは、ビジネスと治療に関する洞察を得て、健康への影響、コストの増大、ミスの発生につながる複雑な相互依存関係を紐解く上で欠かせないものです。モデリング、最適化、予測分析、ビジネス・インテリジェンスを通じ、顧客はあらゆる医療業界の領域において、業績の改善、強固な顧客関係の構築、患者に提供するヘルスケア・サービスの品質の改善などの効果を向上できます。

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:許、増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top