All Analytics Championship Powered by SAS® ~データサイエンス・アドベンチャー杯~ 開催決定

~未来を担う"データ・サイエンティスト"のための統計・データ分析コンテスト~

高度な統計学の知識を持ち、アナリティクスを駆使することのできるデータ・サイエンティストへのニーズが高まる中、実務で統計・データ分析を行う社会人ならびに統計学や情報学一般に関心を持つ学生の方々を対象に、分析アイデアおよび分析スキルの優劣を競うコンテスト「All Analytics Championship Powered by SAS® ~データサイエンス・アドベンチャー杯~」を開催します。

本コンテストは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)と、科学技術イノベーションの創出に向けた我が国の科学技術基本計画の中核的実施機関である独立行政法人科学技術振興機構(本部:埼玉県川口市、理事長:中村 道治、以下 JST)の共催により行います。審査委員長は長尾 真氏(JST科学技術情報特別主監、京都大学名誉教授)が務めます。SASおよびJSTは、本コンテストの実施を通じて、未来のデータ・サイエンティストが分析アイデアや分析スキルを切磋琢磨できる機会を提供したいと考えています。

参加希望者は課題を自由に設定し分析結果をレポートにまとめて提出することで、予選審査(書類選考)を受けることができます。予選審査通過者には、2014年3月8日(土)にJST東京本部別館 (K's五番町)で開催される「All Analytics Championship Powered by SAS® ~データサイエンス・アドベンチャー杯~」の本選に出場いただき、当日のプレゼンテーション審査を経て金賞をはじめとする各賞が決定します。

本コンテスト参加者へは、使用必須のデータとしてJSTが長年収集し整理・体系化してきた科学技術分野の論文情報を中心とするデータ(以下 JST科学技術データ)(*1)が、使用必須の分析ツールとして「SAS® Analytics Pro」や「SAS® Enterprise Miner」などのSASソフトウェア(*2)が貸与されます。

本コンテストでは、貸与されるJST科学技術データと他のオープンデータ(*3)等を組み合わせた分析を歓迎します。

*1  JST科学技術データ:JSTが保有する科学技術文献書誌データを基軸とした各種データ
  http://www.jst.go.jp/seika/03/seika.html
  ・ 国内資料:12,000誌、国外資料:4,700誌を収集
  ・ 約3,000万論文の書誌情報を蓄積し我が国の主要な研究成果を網羅
  ・ その他、300万件以上の化学物質の情報や100万語以上の科学技術・特許用語の体系等を整備している
*2  SASソフトウェア:コンテストで貸与されるソフトウェアは、下記5種類
  ・ SAS Analytics Pro, SAS Enterprise Miner Desktop for Windows Workstations, SAS/ACCESS Interface to PC Files, SAS/IML, SAS/ETS
*3   オープンデータ:自由に使えて再利用もでき、かつ誰でも再配布できるようなデータのこと。従うべき決まりは「作者のクレジットを残す」、「同じ条件で配布する」程度である。(Open Definition  http://opendefinition.org/  定義より)

<開催概要>

名 称:All Analytics Championship Powered by SAS® ~データサイエンス・アドベンチャー杯~
主 催:SAS Institute Japan株式会社、独立行政法人科学技術振興機構
後 援(50音順):KDDI株式会社、株式会社ジー・サーチ、日本統計学会、株式会社マイナビ
課 題:JST科学技術データを使用して※、柔軟な発想でテーマを自由に設定し、統計・データ分析を行う
※JST科学技術データを使用していれば他のオープンデータ等を組み合わせた分析も歓迎
応募作品:分析テーマ、分析手法および分析結果について、分析概要(400字程度)とプレゼンテーション資料(PowerPoint形式)を提出
日 程:<エントリー開始>2013年10月8日(火)より公式Webサイトにてエントリー開始
<エントリー締切>2013年12月6日(金)
<応募作品締切>2014年1月31日(金)
<予選(非公開)>2014年2月17日(月) 予定
<本選(公開)>2014年3月8日(土)
本選会場:JST東京本部別館 (K's五番町)(東京都千代田区五番町7)
<地図 http://www.jst.go.jp/koutsu.html>
参加費:無料
審査方法:予選および本選の2段階審査
<予選>予め設定した審査基準に基づき非公開での書類選考を実施
<本選>予め設定した審査基準に基づきプレゼンテーションによる公開審査を実施
予選・本選ともに一般企業及び教育機関等の専門家により構成された審査委員会にて厳正な審査を実施
賞 金:金賞 ¥150,000、銀賞 ¥100,000、銅賞 ¥80,000、アイデア賞¥50,000、
U18賞(18歳未満の参加者で構成されるチームが対象) ¥50,000 の各賞を各1チームに授与
(他、本選進出者のうち受賞者以外のチームについては記念品を贈呈)
審査委員会:審査委員長長尾 真 氏 (JST科学技術情報特別主監、京都大学名誉教授)
審査委員(50音順)大向 一輝 氏 (国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授)
小野寺 夏生 氏 (一般社団法人情報科学技術協会 (INFOSTA) 会長)
鈴木 良介 氏 (株式会社野村総合研究所 主任コンサルタント)
林 雅之 氏 (NTTコミュニケーションズ株式会社 主査、国際大学GLOCOM 客員研究員)
南川 敦宣 氏 (KDDI株式会社 新規ビジネス推進本部 課長補佐)
森川 富昭 氏 (慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科/環境情報学部 准教授)

<公式Webサイト>

All Analytics Championship - Powered by SAS® ~データサイエンス・アドベンチャー杯~
URL: www.sascom.jp/AAC/

 

<独立行政法人科学技術振興機構(JST)について>

JSTは、科学技術イノベーションの創出に向けた国の科学技術基本計画の中核的な実施機関として、我が国のイノベーション創出の源泉となる知識の創出から研究成果の社会・国民への還元までを総合的に推進するとともに、その基盤となる科学技術情報の提供、科学技術に関する理解増進、戦略的国際活動等に取り組んでいます。またビジョンの一つとして科学技術イノベーションの加速に向けた我が国の科学技術基盤の整備を掲げ、イノベーションの創出に必要な情報を体系的に収集、使いやすいよう整備し、インターネット上で公開する取組みを推進しています。
http://www.jst.go.jp/

SAS Institute Inc. について

SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、83,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know®(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。

プレスリリースに関する
お問い合わせ

  • SAS Institute Japan株式会社
    広報担当:増田
    TEL:03-6434-3700
    E-mail:jpnpress@sas.com

Back to Top