abstract background

マルチチャネル・マーケティング・ハブ分野のガードナー・マジック・クアドラント (2019年版) で SASは「リーダー」に選ばれる


Gartner Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs

SAS® Customer Intelligence 360は、カスタマー・ジャーニーのあらゆるフェーズをオーケストレート(連携調整)および最適化する能力をマーケティング担当者にもたらします。

人工知能(AI)を活用したマーケティングの台頭は、企業やブランドが顧客収益性の向上、マーケティング業務の合理化/効率化、ブランド・ロイヤルティの醸成に向け、データからの価値創出を加速させる取り組みを促進しています。SAS® Customer Intelligenceテクノロジーは、AIで強化されたアナリティクス機能とリアルタイム意思決定機能を標準搭載しており、これらの機能がカスタマー・ジャーニーのあらゆるフェーズを最適化し、最終的にカスタマー・エクスペリエンスのレベルを引き上げます。

SSASは、「AI/機械学習プロセスに立脚した包括的なマルチチャネル・マーケティング・ソリューション、SAS Customer Intelligence 360に対するガートナー社の評価によって、弊社の市場優位性が裏付けられている」と確信しています。SASは「2019 Magic Quadrant for Multichannel Marketing Hubs*」の中で、実行能力に関して最高位に選出されています。

このソリューションの高度なアナリティクス機能は、顧客単位でのデータ管理と分析を可能にするほか、予測的アナリティクス、ジャーニー・アナリティクス、顧客プロフィール管理も可能にします。SAS Customer Intelligence 360は、マーケティング担当者が実用的な自己学習型AIアプリケーションとガイド付きアナリティクス機能を用いて、デジタルおよびオフラインのデータをフル活用することを支援し、マーケティング施策のオーケストレートを可能にします。

ガートナー社は次のように述べています。「リーダーは総合的なマルチチャネル・マーケティングのパフォーマンスにおいて、基本的および高度なキャンペーンに関して、ならびにデジタル・マーケティングとの統合に関して、それ以外の企業よりも相当優れた結果を一貫して示しています。これらの企業は、現在成長中のマルチチャネル・マーケティング・ハブ分野のビジネスに関して、高い市場露出度、高い市場浸透率、強力な市場モメンタム、そして戦略ビジョンを有しています」。また、ガートナー社はマルチチャネル・マーケティング・ハブを次のように定義しています。「企業の顧客向けコミュニケーションおよびオファーを複数チャネル横断でオーケストレートするテクノロジー。これらのチャネルにはWebサイト、モバイル、ソーシャル、ダイレクトメール、コールセンター、有料媒体、そしてEメールが含まれます。」

SASのカスタマー・インテリジェンス担当グローバル・ディレクターであるウィルソン・ラジ(Wilson Raj)は、次のように述べています。「AIは、マーケティング・リーダーたちがカスタマー・エクスペリエンスを設計・提供できる方法に革命を起こしつつあります。それは具体的には、デジタル・インタラクションとオフライン・インタラクションの同期です。AIとリアルタイム意思決定機能はSAS Customer Intelligence 360の中核であり、これによって企業やブランドは、パーソナライゼーションを大規模に提供し、試行錯誤アプローチを駆使し、継続的かつ効率的に見込み客や既存顧客とのエンゲージメントを実行することができるようになります。」

お勧めの関連資料


より強い確信をもって顧客と関わり合いましょう。


顧客データを優れたエクスペリエンスに変える方法とは?


SASでスマートに業務を遂行しているお客様の声をお聞きくこのガートナーの文書ださい。

このグラフィックは、より大規模なリサーチ文書の一部としてガートナー社(Gartner, Inc.)が発行したものであり、文書全体のコンテキストの中で評価されるべきものです。このガートナーの文書は、SASの要請に基づき、閲覧可能な状態になっています。ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物に記載されているのはガートナーの調査機関の意見であり、これを事実と受け取らないようにしてください。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Back to Top