SAS Academic Programs

Woman studying at the university

SAS® Joint Certificate Program

大学での単位修得にもとづき、大学とSASが共同で資格を認定


今日のビジネス界ではアナリティクス人材の需給ギャップが問題視されています。SASはこのギャップの解消策の一環として、共同資格認定プログラムの開発をサポートしています。

 

SAS® Joint Certificate programとは?

SAS Joint Certificate Programの目的は、膨大なデータを扱うビジネス環境に就職して活躍できる学生の育成に取り組む大学をご支援することです。SASソフトウェアを用いて現実のビジネス課題の解決に取り組む教育コースの単位修得を「共同認定資格」という形で文書化することで、求人市場における学生の競争優位性を高めることが狙いです。SASテクノロジーの使用と応用に関して卓越した力量を示した学生に対し、特別な「お墨付き」を与える手段として効果的です。


SAS® Joint Certificate Programの仕組み

SASが大学(などの教育機関)と緊密に連携しながら、典型的には学内の既存の単位修得プログラムの一部として、SASの専門知識のさまざまな領域について共同認定資格プログラムを開発します。学内の単位と連動しない独立した認定資格に関するご提案も、ご要望に応じて検討いたします。プログラムの運用管理は大学側が行い、SASは認定資格の共同スポンサーとなります。プログラムは履修時間と対象トピックに関する最小要件を満たしている必要があります。

大学側で行っていただくこと

  • 共同認定資格プログラムの構成要素として、新しいコースを開発するか、既存のコースから適切なものを選定します。履修時間の最小要件は12時間です。プログラムを構成するコース群の少なくとも半分以上でSASソフトウェアを使用しなければなりません。資格認定要件の一部として、学生は現実のデータを用いたプロジェクトを完了させる必要があります。
  • 認定資格のテーマとタイトルをSASと協議して決定します。
  • コースの指導要領の作成、プログラムの運用管理、学生が認定資格要件を満たしていることの確認を行います。
  • 認定資格証の作成と授与を行います。

SAS側で行うこと

  • シラバス(講義概要)と提案されたコース内容全体を審査し、承認します。
  • 認定資格のテーマとタイトルに関して大学側と協議します。
  • 資格認定証や関連のマーケティング資料で使用するためのSASロゴ(のデジタルデータ)を大学に提供します。
  • 認定資格証への連署を行います。
  • 共同認定資格プログラムをSASのWebサイトで紹介し、認知度の向上を図ります。

日本の共同認定資格提供校

  • 帝京大学 公衆衛生学研究科 「Certificate in Biostatistics」
  • 東京理科大学 理学部第二部 「Certificate in Computational Statistics」
  • 同志社大学 文化情報学部 「Certificate in Data Science」
SAS認定資格に対する需要は、私たちの期待を超える水準に達しています。生物学、政治学、心理学、看護学など、キャンパス内のあらゆる学部の学生がSAS認定資格のコースを履修しています。多様な専攻の学生が取り組む理由は、コースの指導内容が実に多くの分野で役立つからです。 ジェニファー・プリーストリー(Jennifer Priestley)氏 応用統計学准教授 ケネソー州立大学(米ジョージア州)

SASとの共同認定資格の開発を始める方法については、担当窓口までお問い合わせください

Down

関連情報

Content is loading

Group of students sitting outside

指導と学習のための最新リソースをフル活用しましょう。

Back to Top