Retail Forecasting

SAS® Retail Forecasting

小売企業のあらゆる側面に価値を提供

SAS Retail Forecastingを活用すると、価格変更やプロモーション/マーケティング活動に対する消費者の反応を予測し、店舗レベルで需要予測を作成することができます。このソリューションは長期/短期ライフサイクルの小売商品に関する需要予測に特化した設計になっており、重要な要因(価格、プロモーション、マーケティングの活動)を考慮して商品カテゴリー全体への影響を分析することもできます。価格やプロモーション活動の影響を受けやすい取引部門やサプライチェーン部門で効果的にご活用いただけます。

導入効果

最小のコストで最大の品揃えと最小の欠品率を達成

小売企業の価格、プロモーション、マーケティング、業務に対する消費者の反応とそれが需要に及ぼす影響を分析し、その結果を予測精度の向上に役立てることができます。価格とプロモーションは、需要に最も大きな影響を及ぼす要因です。価格は、大部分の小売予測ソリューションでは需要予測の要因として考慮されませんが、SAS Retail Forecastingソリューションでは中核的な要素に位置づけられています。

在庫回転率が向上

予測精度が向上すると、バランスの取れた在庫レベルが実現します。仮にサプライチェーンから過剰在庫を一掃することができれば、在庫の流れは非常にスムーズになります。補充回数は増えることになりますが、これは悪いことではありません。在庫の発注から販売までの期間が短くなると、キャッシュ活用の自由度が高まるからです。例えば、30日後払いという一般的な支払条件のもとでも、支払期日前に在庫を完売できる可能性が生まれます。

将来の価格とプロモーションをモデル化

価格変更やプロモーションに対する消費者の反応を定量化できれば、将来の価格やプロモーションを計画し、より高い精度で需要を予測することも可能となります。そして、このソリューションがそれを実現します。

カテゴリー全体への影響を予測

ある品目をプロモーションの対象とした場合に関連品目の売れ行きがどのように変わるかを把握できれば、カテゴリー全体の需要に対する総合的な影響を計算できるようになります。このソリューションでは高度なアナリティクスを用いて、カテゴリー内の品目の相互関係を理解し、特定品目の需要予測を作成する際に品目間の「干渉効果」を考慮することができます。SAS Retail Forecastingは、新しい品目の需要の純変化を計算して予測需要曲線を作成します。

スペース予測の精度が向上

需要に対する理解が向上すると、その知見をスペース管理機能の入力として利用してROS(売上利益率)、在庫量、在庫回転率、安全在庫などを計算し、必要なスペースをより正確に予測できるようになります。

SAS® Revenue Optimization Suiteへのアップグレードも可能

価格とプロモーションの変更が及ぼす影響を予測するための環境をこのソリューションで確立すると、基盤となるアーキテクチャはそのままに、都合の良い時点でSAS Revenue Optimization Suiteを導入することができます。

ROI(投資対効果)を短期間で実現

小売業界に特化したモデル、ETLデータモデル、方法論が定義済みの状態で用意されているため、短期間で導入して速やかにROIを実現することができます。

スクリーンショット

主な特長

Retail Forecasting
  • 店舗/SKUレベルの需要予測
  • 価格とプロモーションに対する消費者の反応の予測
  • 干渉効果の特定
  • 新製品の需要予測
  • 間欠的に動く品目や動きの遅い品目の特定
  • 販売機会損失の予測
  • 補充システムへの出力
  • 例外ベースの管理
  • コンフィグレーション・ワークベンチ
  • 小売データモデル


ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top