Backgrounds 84A1005
Integrated Merchandise Planning

SAS® Integrated Merchandise Planning

需要を正確に予測して統合マーチャンダイジング計画を作成するために必要な機能を完備した総合ソリューション。

需要の変化への即応力を高め、複数のチャネルで一貫したカスタマー・エクスペリエンス(顧客体験)を実現することができます。このソリューションには、全社規模と店舗規模レベルの双方に対応した最適化機能、計画機能、分析機能が含まれています。計画をトップダウン、ボトムアップ、ミドルアウトのあらゆる視点から照合・調整することで、財務計画とマーチャンダイジング計画が連携して機能する業務環境を確立できます。強力なハイパフォーマンス予測ソリューションを基盤とする業界で最も総合的な小売計画スイートを、最良の結果を達成するためにお役立てください。

当社の財務結果には、SASが好影響を与えてくれています。SASのおかげで、より迅速に、はるかに詳細な情報を踏まえて意思決定を行えるようになっているからです。

スコット・ズッカー(Scott Zucker)氏
Family Dollar社
ITソリューション・デリバリー担当副社長

導入効果

財務パフォーマンスの改善

季節毎の予測を動的に見直すことで、需要の変化や在庫の状況に合わせて能動的に調整を実行し、売上と利益の拡大を図ることができます。品揃えを最適化して在庫の生産性と収益性を高めるためには、実績あるアナリティクスに投資することが重要です。

顧客満足度の向上

効果的な品揃え計画を立て、店舗レベルまでドリルダウンして例外を管理することができます。スタイル、色、サイズなどに関する顧客の需要に合わせて品揃えを最適化できるようになります。従来型の分析では得られない高度な分析にもとづく情報・洞察を活用して、品揃えを工夫することが可能です。

値下げの頻度と幅の削減

計画ライフサイクル全体を通じ、縦割りの部署を横断して商品を管理することで、より的確な意思決定をより早期に行い、値下げによる収益インパクトを最小限に抑えることができます。需要予測にもとづいたマーチャンダイジング計画は、在庫レベルの最適化、在庫回転率の最大化を促進します。

適切な商品を適切な店舗に適切なタイミングで配置

品揃えを改善し、商品の割当を最適化して、店舗の業績を伸ばすことができます。需要予測にもとづいて品揃え計画を立てることができるほか、自動商品割当システムに独自のルールや方法論を適用することも可能です。

スタッフとプロセスの生産性の向上

統合プラットフォームにより、データの一貫性・一元性を確保することができます。購買担当者や計画担当者は、統合ワークシート分析から得られた貴重な知見・洞察を商品展開として具体化することに集中できるようになります。

Office background 2

主な特長

Integrated Merchandise Planning
  • マーチャンダイジング予算計画
  • 品揃えの計画と最適化
  • 店舗への商品割当

     

    • 季節商品管理
    • スペース管理



    Gartner-logo
    ガードナー社は、2016年版の「品揃え管理アプリケーションに関するMagic Quadrant」(英語版)でSASをリーダーと位置付けています。

    ご購入に関する情報をお探しですか?

    Back to Top