Service Parts Optimization

補修部品計画

補修部品の需要予測と在庫最適化
SAS® Service Parts Optimization

SAS Service Parts Optimizationは、補修部品に対する適切な在庫レベルの維持と目標サービス率の達成を支援するため、補修部品の需要予測と在庫最適化を提供します。
補修部品の需要予測では、さまざまな需要変動要因を考慮できる時系列予測に加え、部品の特性やライフサイクルを考慮した長期予測(最終購買予測)を提供します。
在庫最適化では、目標サービス率をターゲットに多階層ネットワーク全体で在庫とコストとのバランスをとり、各拠点での最適な在庫レベル、必要数を算出します。

SAS Service Parts Optimizationは、最適な在庫レベルと推奨発注量を算出することで、顧客満足度を向上させながら、在庫コストの削減に貢献します。

利点

SASならではの需要予測手法によって、欠品や過剰在庫を削減

何十万、何百万もの予測対象に対して自動で的確な短期需要予測を行います。この予測値を利用し、最適な在庫レベルと発注量を算出し、補修部品管理業務の意思決定プロセスやオペレーションを効率化することができます。予測モデルの構築、検証まで自動化されているのが特徴であり、ある一定のレベルまでは専門家の知識を必要としません。
また需要や部品属性などでクラスタリングすることで、新部品の初期需要や長期需要を予測します。
さらに、長期需要予測では部品ライフサイクルを予測し、最終購買時にどの程度発注するべきか、またいつ廃却するべきかの判断などに利用することができます。
ここではSASが得意とする分析が活用されており、これがSAS Service Parts Optimizationの優れた特長となっています。

最適な在庫レベルの算出

リードタイム、コスト、目標とするサービス率などの要件にもとづき、最適な在庫レベルを算出します。また品目毎の最適発注量の算出処理では、発注点に達した部品を検知し、コストとサービス率に応じて計画を策定します。これにより、最適な在庫レベルを維持し、顧客満足度を高め、発注・在庫コストを削減することが可能となります。

高いサービスレベル目標の達成

在庫をチェックするタイミング、サービス率、発注ポリシー、コストなどのパラメータを任意に指定し、在庫シミュレーションを容易に行うことができます。各種パラメータを変更し、計画シナリオを複数作成、比較し、パラメータを最適化して自社の顧客サービスレベル目標に則したポリシーを選択することができます。シミュレーションを繰り返すことで、より業務にあった最適解を見つけることが可能となります。

統合されたサービス関連情報にもとづいた戦略、オペレーションの実施

統合的データ管理および分析アプリケーションが既存の業務システムと連携し、補修部品のデータと履歴の全要素を収集、分析、活用します。非常に非定型の業務が多い補修部品管理の領域でも、大量の情報から正しい切り口で情報を引き出し、業務の効率化を支援します。

既存システムやインフラの有効活用(新規投資の軽減)

既存の部品計画と在庫管理システムに、シームレスに統合します。必要な領域に必要なコンポーネントを組み入れることで最適なシステム化が可能となります。最新の予測や分析、多階層ネットワークに対応した在庫最適化機能が、在庫削減とサービスレベルの向上を同時に実現でき、ユーザーは既存システムを最大限に活用することができます。

特長

Service Parts Optimization
  • 堅固で効率的なデータ管理
  • 的確な需要予測

  • 多階層ネットワークにおける在庫最適化
  • サービスチェーンを通した情報共有

SASの優位性

  • SAS Forecast Serverに搭載されている予測モデル、アフターサービス業界向けに開発された最適な予測モデルを駆使することで、高精度な需要予測を実現します。
  • SKU単位といった下位レベルから、カテゴリといった上位レベルまで、あらゆる階層レベルにて予測が可能です。
  • 多階層ネットワークにおける最適化が可能です。最新技術を駆使したシミュレーション機能を活用することで、サービスチェーン全体にわたって最適な在庫ポリシーを算出します。
  • 大規模なサービス・ネットワークに応じて拡張可能です。各拠点で数十万から数億ものSKUに、パフォーマンス対応できます。
  • 幅広いユーザーのユーザビリティを実現します。ビジネス上の役割に応じて、見るべき対象や見せ方などインターフェイスをカスタマイズできます。

スクリーンショット

お勧めの関連資料

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top