Backgrounds 84A1005
SAS Fraud Framework for Government

SAS® Fraud Framework for Government

公費の不正/無駄/濫用と、助成金・補助金などの不適切な支払を能動的に防止

不正による多大な損失を一掃することは、重要な政策課題となりつつあります。複数のデータソースにもとづいて不正を総合的に把握し、多面的なアプローチを通じて、一見無関係に見える事象の中に隠された関係を検出。SASは、公費の悪用と闘うすべての行政機関をご支援いたします。

導入効果

不正な支払を未然に防止

SAS独自のハイブリット型の分析アプローチでは、自動化されたビジネスルール、予測モデリング、テキストマイニング、例外レポート、ネットワーク・リンク分析などの複数の技術を駆使して、疑わしい挙動を検知し、不正な申請や取引を未然に阻止することができます。対象を正確に特定することで、誤判別を劇的に減らしながら、大部分を占める適正な申請や取引については遅延なしで処理を継続できるようになります。

貴重な時間とリソースをより効率的に活用

強力な分析手法により、コストをかけて調査する価値があるのはどのケースか、また最小のコストで最大の成果が得られるのはどのケースかを自動的に判定することができます。また、統合型のケース・マネジメント機能により、ベストプラクティスに従って適正な証拠収集活動を行うことができるため、調査コストも大幅に削減できます。

組織的な詐欺集団の存在を浮き彫りに

ネットワークを視覚化する独自のインターフェイスを用いて、一見無関係に見える個人や団体、活動の間に存在する「つながり」を特定し、活動や関係性をネットワークの観点から検証および分析することができます。その結果、不正による損失が膨大な額に達しかねない組織的な共謀の挙動を検知し、挙動が時間の経過とともにどのように進展、変化するかについて理解・洞察を深められるようになります。

不正リスクの状況を総合的に把握

調査や分析の結果をシステム内に保管し、継続的なモデル改良のために活用することで、手口や傾向の変化にも効果的に対応することができます。また、ソーシャル・ネットワーク図や高度なデータマイニング機能を通して、新たな脅威に対する理解を深めることができるため、早期の段階で損失を防止することが可能です。

スクリーンショット

Office background 2

主な特長

SAS Fraud Framework for Government
  • データ統合と同一性解決:システムや形式に関係なく、任意のソースのデータを統合して分析することで、特定の個人や企業の活動状況を包括的に把握することができます。
  • 誰にとっても直感的で使いやすいインターフェイス:統一仕様の画面を用いた共通の操作で、企業全体および外部ソースからデータを収集することができます。

  • ハイブリッド型の分析:SASならではのハイブリット型の分析アプローチにより、検出率を劇的に改善しながら誤判別を最小限に抑えることができます。
  • リモート・ホスティング・オプション:機密情報に適した非常に安全性が高いホスティング環境をご利用いただけます。SASはHIPAA、PII、IRS(publication 1075)といった機密性の高い医療情報、財務/個人情報、税務情報を取り扱う事業者としての認定を受けており、豊富な経験を有しています。
このシステムはソーシャル・ネットワークを分析し、個人が詐欺行為に関与している可能性を浮き彫りにします。ソーシャル・ネットワーク分析は、複数のケースにまたがって共謀する詐欺集団の特定にも効果を発揮しています。最終的に期待できる節約額は680万ドル以上に及びます。

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top