SAS® Anti-Money Laundering

疑わしい活動のモニタリング。迅速な意思決定。コンプライアンスの遵守。

10月25日(水)開催
需要予測・在庫最適化セミナー

詳細はこちら

お問い合わせ

急激に高まるリスクや当局による規制強化の影響を受け、金融業界は今、違法行為を検出するためのデータ監視業務において高度な戦略が求められています。SASは、お客様がリスクベースのアプローチを通じて、アラートの管理、シナリオのテスト、業界規制の遵守といった取り組みを容易に実現できるように支援します。

Entity alert details displayed on desktop monitor.

正確なアラートを速やかに取得

疑わしい活動の兆候を瞬時に把握。SASのセグメンテーション戦略では、特定のエンティティおよび関連するエンティティの履歴に基づいてパターンを特定することができ、「疑わしい取引の報告」(SAR)のコンバージョンレート(システムの実効性と効率性)の向上も実証されています。また、システムからアラートを一元的に管理できるため、データ・セキュリティの維持、ITサポートコストの最小化、全社規模でのコラボレーションの促進が容易になります。

Funds tracker capability displayed on desktop monitor.

 

 

資金の流れを容易に追跡

SASの資金追跡機能は、中心的なエンティティと周辺のエンティティ間の資金の流れを容易に可視化できます。資金の流れを表示するサンキー・ダイアグラムは、デビットカードやクレジットカードの使用、またエンティティ間における資金量の変動の把握に役立ちます。

Suspicious Activity Reporting screen on desktop monitor.

 

 

透明性の向上、コンプライアンスの遵守

金融業界では、アンチ・マネーロンダリングとテロ資金対策に関する法規制の影響が大きく、規制当局/監査官に正確なSARのタイムリーな提出に加え、リスク分析や優先度設定の手法を提示することも求められています。SASのテクノロジーを活用することで、疑わしい行動の自動監視、意思決定プロセスの文書化、また必要に応じて、記入済みの報告書を適切な管轄機関に提出することができます。

SAS Visual Scenario Designer shown on a desktop monitor.

 

 

最良のシナリオを特定し、最良の対策の実施

SASのハイパフォーマンス・ビジュアライゼーション・ツールは、データの分析、パターンの可視化、監視戦略に関する仮説の設定、シナリオ導入の検証などに要する時間を飛躍的に短縮できます。SAS Visual Scenario Designerでは、最適なシナリオを特定(および導入)できるまでシミュレーション・検証を繰り返すことができます。その結果、より的確で迅速な意思決定が可能になります。

Triage queue user interface on a desktop monitor.

 

 

必要なデータに瞬時にアクセス

変化のペースが速い業界において、インターフェイスの複雑性が俊敏な行動を阻害することは許されません。迅速で正確な意思決定を促進するために設計されたSAS Anti-Money Launderingテクノロジーのインターフェイスによって、必要な情報はわずか数回のクリックで入手できます。

デモ

SAS® Anti-Money Launderingの活用例

SAS Anti-Money Launderingが提供するリスクベースのアプローチなら、違法な活動が疑われる取引を監視して、アンチ・マネーロンダリングとテロ資金対策の法規制を遵守できます。その方法を、SASシニア・プロダクト・マネージャーのブライアン・フェロ(Brian Ferro)がご説明します。

Viya Data Mining and Machine Learning screenshot closeup of autotune options for neural net

 

特長

  • データ管理:ビッグデータの処理からレガシーソースのアクセスと連携まで、データに関する幅広い課題のすべてに単一のプラットフォームで対応できます。
  • ハイパフォーマンス・アナリティクスとデータ・ビジュアライゼーション:仮説の検証、疑問の提起、シナリオのシミュレーションを実現するインフラを活用し、ビッグデータから洞察が得られるまでの時間を飛躍的に短縮することができます。
  • 疑わしい活動のモニタリングとレポート作成:堅牢で柔軟なシナリオエンジンが疑わしい活動を検知して、ルールのパラメータに適合する事象についてアラートを生成します。
  • 監視リストとの照合:ファジー・マッチング・アルゴリズム、インテリジェントなスコアリング、アラートの統合を通じて、法規制リスクを持ち込む可能性のある人物や組織、あるいはそのリスクが高い管轄区域を特定できます。
  • 調査とアラートの管理:調査担当者はWebベースのインターフェイスで作業項目を俯瞰でき、またナレッジセンターのデータベースにも簡単にアクセスできます。
  • ピアグループの異常検出:インメモリ・アナリティクスが、エンティティの行動履歴と関連するエンティティの行動を比較して、ピアグループの異常をすばやく検出します。
  • 検索:信頼性、拡張性、耐障害性に優れた検索機能を通じて、分散型のインデックス作成、データ複製と負荷分散のクエリ、フェールオーバーとリカバリーの自動化などが可能になります。
  • マルチテナント:データの隔離機能が強化されたアーキテクチャにより、1つの導入環境で複数の顧客に対応できます。

ビデオ

マネーロンダリング対策業務の強化

マネーロンダリング対策業務の最新化を目指す金融機関では、基本的な法規制要件の遵守にとどまらず、リスクの軽減および業務改善を目的とした金融インテリジェンス部門の設置に取り組んでいます。その理由について、SAS銀行向けセキュリティ・インテリジェンス・プラクティス担当ディレクターのデイビッド・スチュワート(David Stewart)がご説明します。

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top