CI Digital Marketing Harware right no surface

顧客接点を最適化する

“AI×デジタル”マーケティングセミナー

顧客接点においてAIが求められている背景と先進事例に触れ、次に、マーケティングシステムに求められる機能を整理し、それを充足するSASソリューションと事例をご紹介します。

商品・サービスのコモディティ化と顧客へのパワーシフトにより、カスタマーエクスペリエンス(CX)の重要性は日々増しています。一方で、今日のデジタルチャネルの増加・拡大とオムニチャネル化、さらにはパートナーエコシステムの複雑化により、カスタマーエクスペリエンスの向上は難易度の高い課題へと変化しています。

こういった課題への解決策として、AIに代表される最適化技術がマーケティングシステムに組み込まれるようになってきました。顧客の360°のビッグデータを活用し、顧客の行動・選択に対してチャネルが自律的に適応し、あらゆるチャネルで最上の顧客体験を提供することが可能となっています。また、先進企業は既にこのような技術を活用し、デジタルチャネルならではの「おもてなし」を提供し始めています。

本セミナーでは、まず、顧客接点においてAIが求められている背景と先進事例に触れ、次に、マーケティングシステムに求められる機能を整理し、それを充足するSASソリューションと事例をご紹介します。特にAIと相性の良いデジタルチャネルにフォーカスし、その頭脳として機能し、パーソナライゼーションを最適化するためのソリューション「SAS Customer Intelligence 360」について、デモを交えて具体的にご紹介します。

最先端のマーケティングソリューション、またはデジタル・マーケティングを検討・調査されているお客様は、ぜひ参加をご検討ください。SASのマーケティングソリューションをクイックに幅広くご紹介します。

こんな方にオススメのセミナーです

  • オウンドメディアのCXを改善したい
  • カスタマージャーニーマップ(CJM)からクイックにシナリオを実装したい
  • 予め想定したCJMだけでなく、顧客の行動や選択に臨機応変にチャネルを対応させたい
  • センサーデータや顧客の「声」を認識して活用したい
  • アナリティクス・AIで顧客の行動を予測したい
  • 従来型MA(Marketing Automation)ツールを導入しているが、最適化までできていない
  • シナリオ改善のためのテストや分析に手間が掛かっており、自動化したい

プログラム

  1. 会社紹介
  2. AIを活用した顧客接点強化
    • なぜ今AIか
    • 先進的な取組み事例
  3. SASソリューション全体像早わかり
    • 顧客接点強化の三要素
    • 「認識」の技術
    • 「最適化」の技術
    • 「実行」の技術
    • Why SAS?
  4. Quick-Win:デジタルに頭脳を
    • SAS Customer Intelligence 360概要導入実績と事例
    • SAS Customer Intelligence 360デモンストレーション

お問い合わせ

SAS Institute Japan株式会社 マーケティング本部

Back to Top