Fraport社

SAS®を活用して、ドイツ最大の輸送量を誇る空港の運営管理におけるリアルタイムの意思決定を実現

年間5,700万人以上の乗客が利用し、200万メートルトンにも及ぶ航空貨物輸送を113ヶ国に向けて行うドイツのフランクフルト空港は、輸送量の規模において、ロンドンのヒースロー空港、パリのシャルル・ド・ゴール空港に次いで、欧州第3位の規模を誇っている。これらの膨大な貨物輸送の管理に日々取り組んでいるのが、同空港の運営を担うFraport社だ。

「超高速処理を実現できるだけでなく、SAS Visual Analyticsのデータ探索とビジュアライゼーションを活用した新たなチャンスの開拓にも大きな期待を寄せています」

ディーター・シュタインマン
(Dieter Steinmann)氏
Fraport社
ビジネスシステム向け情報コミュニケーション・
サービス担当シニアマネージャー

Fraport社ではSAS® High-Performance AnalyticsSAS Visual Analyticsを活用して、業務コストの削減と意思決定支援プロセスのパフォーマンス向上を両立させている。

Fraport社のビジネスシステム向け情報コミュニケーション・サービス担当シニアマネージャーであるディーター・シュタインマン(Dieter Steinmann)氏は、次のように説明する。「膨大なデータをリアルタイムで分析しなければならない当社の業務において、ハイパフォーマンス・アナリティクスは最適なソリューションです。超高速処理を実現できるだけでなく、SAS Visual Analyticsのデータの探索とビジュアライゼーションを活用した新たなチャンスの開拓にも大きな期待を寄せています」

入念なテストを経て、SASのビジネス・アナリティクス・プラットフォームからSAS High-Performance Analyticsへの移行後は、Fraport社では最も高度なアプローチを活用したデータ分析に取り組んでいく方向である。さらに、グラフィカルなインターフェイスを使って、ユーザーがデータを迅速かつ直感的に分析できるSAS Visual Analyticsの導入も決定した。

Fraport社はSAS Visual Analyticsを、SASのソリューションでビッグデータ・アナリティクス向けに最適化されたPivotal DCA(旧EMC Greenplum DCA)に展開した。

EMC Germany社のCEOを務めるザビーネ・ベンディーク(Sabine Bendiek)氏は、次のように強調している。「ビッグデータ・アナリティクスの導入を決断されたことで、Fraport社様は圧倒的な競争優位性を獲得しつつあります。SAS様との協業を通じて、この取り組みを支えるテクノロジー基盤を提供できていることを誇りに思います」

Fraport

課題

業務コストの削減とビッグデータ分析の強化を両立できるソリューションの導入

ソリューション

導入効果

データ分析の効率化によって、時間とコスト両面での削減を実現

本記事に掲載された導入効果は、各企業によって異なる状況やビジネスモデル、入力データ、業務環境に固有のものです。SASの紹介する顧客体験は、各企業に固有のものであり、業務面や技術面の背景もそれぞれ異なるため、各事例に掲載されたあらゆる証言は、導入の典型例を示すものではありません。導入にともなう金銭的効果、導入結果、ソリューションのパフォーマンスなどの特徴は、個別の顧客による機器構成や機器のコンディションに著しく左右されるものです。本事例は、すべてのSASの顧客が当該事例と同じ導入効果を得られるとするものではなく、そうした効果を保証するものでもありません。SAS製品および提供サービスの保証内容は、各製品・サービス向けに発行された保証書に記載された内容に限られます。したがって、本事例に掲載された内容は、それらの保証内容になんら補足するものではありません。事例に掲載された顧客は、各事例をSASとの契約にもとづいて提供しているか、SAS発行のソフトウェアの導入成功にともなう体験を要約しているにすぎません。

Back to Top