SAS® による回帰分析  (2日間)

118,800円(本体価格 110,000円)/チケット捺印数:2

受講対象

連続的なまたは質的な応答変数(従属変数)に対する分析をSASプログラミングによって行うことを考えている統計解析担当者、研究者およびビジネス・アナリスト

前提知識

下記2コースを受講済みか、同程度の知識のある方

 ・「SASプログラミング1:必須要素
 ・「SASによる統計解析

学習内容

本コースは、SAS/STAT®を使用して統計解析を行うSASのユーザー向けです。線形回帰、およびロジスティック回帰に焦点が当てられています。本コースの(またはそれと同等の)知識は、統計解析のカリキュラムにおけるコースの多くで必須な条件となります。

・線形回帰の実行と仮定の評価
・重回帰における予測変数の選択を手助けするモデル選択法の実施
・重回帰における診断統計量を利用した統計的な仮定の評価と外れ値の識別
・多重ロジスティック回帰の当てはめ

本コースは、SAS認定試験「SAS認定プロフェッショナル Clinical Trials Programmer Using SAS 9」および「SAS認定プロフェッショナル Statistical Business Analyst Using SAS 9:Regression and Modeling」の準備にも適しています。

コンテンツ

■線形回帰
・CORRプロシジャで相関係数を計算する(自己学習)
・REGプロシジャで線形単回帰モデルを当てはめる(自己学習)
・重回帰の概念を理解する
・REGプロシジャに備わる自動的なモデル選択手法を利用する
・モデルを解釈する
■回帰診断
・残差を検討する
・影響力のあるオブザベーションを調べる
・共線性を評価する
■ロジスティック回帰分析
・FREQプロシジャで度数表を作成する(自己学習)
・FREQプロシジャを使用した一般的な関連性や線形の関連性に関する検定について確認する(自己学習)
・正確検定を理解する(自己学習)
・ロジスティック回帰の概念を理解する
・LOGISTICプロシジャを使用して単変量及び多変量ロジスティック回帰モデルを当てはめる

対象プロダクト

Base SAS®、SAS/STAT、SAS/GRAPH®