CUSTOMER SUPPORT / TECHNICAL SUPPORT

テクニカルサポートのご案内

SAS Institute Japan株式会社では、SASコンサルタントの皆様からの技術的な質問についてFAX、電子メールでのテクニカルサポートを提供しています。
テクニカルサポートでは、SASで発生するユーザーエラー、システムの互換性上の問題、SASステートメントの構文に関する質問、プロシジャとその出力などに関して、サポートを提供します。ただし、特定目的用アプリケーション、ユーザープログラムの作成、新規ユーザーの教育、手法一般についての質問に関してはテクニカルサポートの範囲外となります。これらのご相談につきましては、弊社担当営業へご連絡ください。

サポート時間

サポート日 サポート時間
月曜日~金曜日
(年末年始、祝祭日、
弊社休業日を除く)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

※ FAXおよび電子メールによるご質問は、24時間受け付けています
  (停電など、特別な場合を除く)

FAXによるご質問方法

FAXによるご質問の場合は、下記の「SAS Q&Aシート」を印刷し、必要事項をご記入の上、テクニカルサポート宛てにお送りください。

Q&Aシート FAXの宛て先
ダウンロード(PDFファイル 172KB) 03-6434-3681

電子メールによるご質問方法

電子メールサービスは自動受付を採用していますので、処理に必要な項目を記述するためのフォーマットを設けております。
フォーマットの詳細は、後述の「電子メールサービス利用の記入方法」をご参照ください。

メールアドレス
support@sas.com

■ 利用範囲

テクニカルサポートでは、電子メールサービスにおいても、ご質問者を以下のいずれかおひとりに限らせていただきます。
  • ご契約時に指定されたSASコンサルタント(技術担当者)
  • SASコンサルタント代行者
これは、発生した問題やユーザー質問を、そのサイトのSASコンサルタントにご理解いただき、情報を蓄積して有効に活用していただくためです。

■ 電子メールの受付

お送りいただいた電子メールには、数字 10 桁の参照番号がつけられ、着信確認メールを自動返信します。返信がない場合には、メールの宛て先をご確認ください。なお、ファイルをお送りいただく場合も、ご質問のメールに添付してsupport@sas.com宛にお送りください。

■ 電子メールサービス利用の記入方法

ご質問をお送りいただく場合の注意点と記入例を下記に示します。

新規エントリの作成要領は簡単です。
下記の記入例を参考に、必要な項目(タグ等)を記述し、その後、ご質問の詳細を記述してください。
電話番号に関する項目は最重要項目となります。
この項目が正しく記入されないと、ご質問を受理できない場合がありますので、フォーマット記入へのご協力をお願いいたします。
  • タグおよびイコールは必ず半角で記述してください。
  • PHONE=のタグは、必ず「+81」(日本の国番号)で始まる番号で記入してください。
  • 以下に示す全てのタグは、左詰めで記入してください。
    • SITE=
    • COMPANY=
    • NAME=
    • PHONE=
    • OS=
    • PRODUCT=
    • RELEASE=
  • 質問が複数ある場合には、別々のメールに分けてください。メール1通につき、質問は1件でお願いいたします。
  • 質問内容を回答に付加することはいたしませんので、質問メールは必ず保存しておいてください。
  • 再質問・添付資料の補足などをメールでお送りいただく場合は、メールの件名に参照番号を必ず記載してください。
    参照番号とは、着信確認メール、または弊社からの回答送付時の件名に記載されている数字 10 桁の番号です。
  • 添付資料として圧縮形式の添付ファイル(zip、lzhなど)を送付される場合は、事前にテクニカルサポートまでご連絡ください。

■ 記入例

NAME=砂州 太郎
SITE=0012345001
COMPANY=いろはに株式会社
PHONE=+81 (45) 123-4567
PRODUCT=BASE
RELEASE=8.2
OS=WINDOWS2000PRO
ライセンス情報の更新でエラーが起きました。
★ 注1
★ 注2

★ 注3
★注1 全てのタグ(SITE=、COMPANY=、NAME=、PHONE=、OS=、PRODUCT=、RELEASE=)は、左詰めで記入してください。
1+++5+++10+++15+++20+++(桁数)
name=砂州 太郎
site=0012345001
★注2 SITEの値は、SAS起動時に表示されるSASログの先頭メッセージからわかります(下記例の赤字部分)。
NOTE: Copyright (c) 1989-1996 by SAS Institute Inc., Cary, NC, USA.
NOTE: SAS (r) Proprietary Software Release 8.2 (TS2M0 DBCS2944)
Licensed to SAS INSTITUTE TRIAL SITE, Site XXXXXXXX.
または、お客様が所有されているSASライセンス情報(SETINIT)のパラメータをご参照いただいても、SITEの値を知ることができます(下記例の赤字部分)。
PROC SETINIT RELEASE='8.2';
SITEINFO NAME='SAS INSTITUTE TRIAL SITE' 
SITE=XXXXXXXX OSNAME='WIN' RECREATE
★注3 PHONE= のタグには、必ず「+81」で始まる番号をご記入ください。

なお、上記でご説明した利用方法は、support@sas.comに、本文の1行目に「help」と記述したメールを送ることにより入手することもできます。 フォーマットに合わない場合には、着信確認メールでその旨ご連絡いたします。


テクニカルサポートご利用時の個人情報に関して

■ テクニカルサポート受付時にご提示いただく個人情報について

ご質問をお送りいただく際にご記入いただく個人情報は、以下の用途で利用いたします。
  • お問い合わせいただいたお客様の特定
  • お問い合わせの履歴管理

これらの個人情報は、ご本人の同意を得ることなく弊社および世界各国のSAS組織、ならびにビジネスパートナー以外の第三者に提供することはありません。

■ テクニカルサポート中に得た個人情報について

テクニカルサポート提供中に得た個人情報は、正当な理由がある場合を除き、情報提供者に無断で弊社および世界各国のSAS組織、ならびにビジネスパートナー以外の第三者に提供することはありません。