システム必要条件
SAS® Model Risk Management 7.3

概要

注意: SAS Model Risk Management は、SAS Visual Analytics Administration and Reportingと一緒に出荷されます。この製品は、 SAS Model Risk Management 7.3と共にインストールする必要があり、後からインストールすることができないものです。

サーバー層

SAS Model Risk Management Server

使用する環境を選択してください。

SAS Model Risk Management Server には、2種類のSAS/ACCESSエンジン(Microsoft SQL Server、 PostgreSQL、もしくは Oracle)と3種類のSAS Metadata Bridge(種類は選択)も含まれます。

SAS Model Monitoring Reports Contentは、SAS Model Risk Managementのライセンスをお持ちのお客様が外部サイトからダウンロードしていただくことにより入手可能です。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server には、1種類の標準 SAS/ACCESS エンジン(種類は選択)が含まれます。これは、SAS Model Risk Management のSAS/ACCESSエンジンとして選択したものと種類が一致する必要があります。 それ以外を選択した場合、ライセンスが別になります。

注意: 分散モードおよび非分散モード(Distributed Mode and Non-distributed Mode)どちらのSAS Visual Analytics Administration and Reporting Server にも、非分散モード(Non-distributed Mode)の SAS LASR Analytic Serverが含まれます。

しかしながら、分散モード(Distributed Mode)のSAS Visual Analytics Administration and Reporting Server にのみ、 分散モード(Distributed Mode)のSAS LASR Analytic Server が含まれます。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server を別筐体にインストールすることを推奨しています。

SAS Solution LASR Analytic Server

使用する環境を選択してください。

SAS Solution LASR Analytic Server では、1種類の標準SAS/ACCESSエンジン(種類は選択。トランザクショナルデータ用。プラットフォームごとに利用可能)を提供します。 SAS Solution LASR Analytic Serverは、SAS Visual Analytics Administration and Reporting ACCESSエンジンと同じである必要があります。 それ以外を選択した場合、ライセンスが別になります。

SAS LASR Analytic Server : x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • SAS High-Performance Computing Management Console 2.9
  • SAS High-Performance Node Installation 3.7
  • SAS Plug-ins for Hadoop 1.01

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 1 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

共同で使用できるHadoop File System (HDFS) (co-located HDFS)の使用はオプションですが、サポートされているHadoop環境とSAS Plug-ins for Hadoop(これはライセンスに含まれています)が必須です。 サポートされているHadoopディストリビューションに関する情報は、http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/resources/thirdpartysupport/v94/hadoop/hadoop-distributions.htmlを参照してください。 このプラグインは追加の設定が必要です。 より詳細な情報は、『SAS High-Performance Analytics Infrastructure 3.5: Installation and Configuration Guide』(英語)をhttp://support.sas.com/documentation/solutions/hpainfrastructure/のWebページよりご参照ください。

SAS Metadata Server

使用する環境を選択してください。

SASでは、SAS Metadata Server配置において次の事項を推奨しております。

  • 64-bitホストシステムであること
  • チューニング、管理、診断を単純化するため、専用のマシンであること
  • SAS Metadata Serverがマルチスレッドであるため、マルチコアサーバーハードウェアであること
  • 本番環境の配置においては、4コア以上であること

サーバークラスシステムのディスクI/Oパフォーマンスが十分である必要があります。 メモリの必要条件は、使用するプロダクトの組み合わせにかなり依存します。しかしながら、8 GBのRAMがあれば大抵の大規模配置にも対応可能です。 ほとんどの配置において、4GBのRAMで対応できます。より少ないメモリで賄えるような特定の配置が確認されない限り、この4GBという値が最低限必要なメモリ容量だと考えることができます。

SAS Data Servers

SAS Model Risk Management には、追加の構成が必要なSASデータサーバーSAS Model Risk Management Data Serverが含まれます。

このデータサーバーのサイズは大規模(large)です。

注意: ソフトウェアを構成する際は、各データサーバーのサイズを考慮する必要があります。

インストール、アップデート、もしくは同じマシンへの1つまたは複数のSASデータサーバーの展開につながるプロダクトやソリューションの追加をする前に、共有メモリとセマフォのためにカーネルパラメータの変更が必要です。 小規模、中規模、大規模なデータサーバーの構成に関する詳細は、『SAS 9.4 Web Applications: Tuning for Performance and Scalability, Second Edition』の「Tuning the PostgreSQL Data Server」の章をご確認ください。ドキュメントは、こちらのWebページよりご確認いただけます: http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/documentation/onlinedoc/intellplatform/index.html

サポートしているデータベース

SAS Model Risk Management 7.3は、次のいずれか1つのデータベースが必須です。

  • Oracle
  • PostgreSQL
  • Microsoft SQL Server

次のデータベースのバージョンがサポートされています。

  • Oracle Enterprise Edition:
    バージョン 9、 10、 11、および 12c がサポートされています(Oracle社で明らかになっている問題のため、v10.2.0.3は使用できません)。
    SAS Model Risk Management 7.3 は、各データベースベンダーから提供されているJDBC jarファイルが必須です。また、そのファイルは、ご利用のアプリケーションサーバーで使用されるJavaのバージョンに合ったものであることが必要です。
    適切なJDBC jarファイルは、Oracle ClientおよびOracle Serverと一緒にインストールされます。 あるいは、OracleドライバをこちらのWebページ(http://www.oracle.com/technetwork/database/application-development/index-099369.html)よりダウンロードすることもできます。
    JDBCドライバのバージョンは、データベースのバージョンに 対応している必要があります。

  • PostgreSQL 8.4+:
    SAS Model Risk Management 7.3 は、postgresql-9.0-801.jdbc3.jar PostgreSQLドライバを使用します。 PostgreSQLは、下記のWebサイトからダウンロードできます。 http://jdbc.postgresql.org/download.html

    SAS Risk Modeling Workbench には、追加の構成が必要なPostgreSQLデータサーバー(SAS Model Risk Management Data Server)が含まれます。

    このデータサーバーのサイズは大規模(large)です。

    注意: ソフトウェアを構成する際は、各データサーバーのサイズを考慮する必要があります。

    インストール、アップデート、もしくは同じマシンへの1つまたは複数のPostgreSQL データサーバーの展開につながるプロダクトやソリューションの追加をする前に、共有メモリとセマフォのためにカーネルパラメータの変更が必要です。 小規模、中規模、大規模なデータサーバーの構成に関する詳細は、『SAS 9.4 Web Applications: Tuning for Performance and Scalability, Second Edition』の「Tuning the PostgreSQL Data Server」の章をご確認ください。ドキュメントは、こちらのWebページよりご確認いただけます: http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/documentation/onlinedoc/intellplatform/index.html

  • SQL Server 2008、2008 R2、2012、または2014

SAS Model Risk Management 7.3は、次のどのドライバとの組み合わせでも使用することができます。

  • SQL Server Native Client 2008 ドライバ、 “Microsoft SQL Server 2008 Native Client”
  • SQL Server Native Client 2008 R2 ドライバ、 “Microsoft SQL Server 2008 R2 Native Client”
  • SQL Server Native Client 2012 ドライバ、 “Microsoft SQL Server Native Client 11.0”

注意: Microsft SQL Serverは、Microsoft Windows環境でのみサポートされています。

SAS Model Risk Management 7.3は、SAS Shared Servicesのさまざまなコンポーネントに依存します。 たとえば、SAS Workflowは、SAS Shared Servicesのコンポーネントとして、SAS Intelligence Platformとともに提供されます。 また、SAS Model Risk Management 7.3 は、WebDAVリポジトリにファイルを格納するためにSAS Content Serverを使用します。


ミドル層

SAS Model Risk Management Mid-Tier

使用する環境を選択してください。

Apache Solrはサードパーティのオープンソースソフトウェアです。このソフトウェアは、外部ダウンロードサイトよりSAS Model Risk Management のライセンスがあるお客様がダウンロードすることにより入手することができます。 Apache Solrソフトウェアはオプションですが、インストールし、SAS Model Risk Managementと共に使用することを強く推奨しています。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Mid-Tier

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Mid-Tierを別筐体にインストールすることを推奨しています。

Web アプリケーションサーバー

SASソリューションソフトウェアをインストールする際、SAS Deployment Managerが必要なWebアプリケーションサーバーとWebサーバーのインストールと設定を行います。

これらのサーバーをインストールするには、ミドル層でサポートしているオペレーティングシステムからいずれか1つを選択します。

注意: これらのサーバーをz/OSまたは、32-bit版 Windowsプラットフォームにインストールすることはできません。


クライアント層

SAS Model Risk Management Client

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Mobile Clients

SAS Visual Analytics Mobile Clients (SAS Mobile BI)は、App Storeからの無料ダウンロードにより、Apple iPadおよび、Androidタブレットで利用可能です。

Webブラウザ

SASがサポートしているWebブラウザのリストは、新しいプロダクトがテストされ承認されたら更新されます。 最新情報は、「SAS 9.4(TS1M0以降)がサポートするWebブラウザとプラグイン」のWebサイトを参照してください。

追加情報

SAS Model Risk Managementに統合するオファリングは、パッケージに含まれておらず、ライセンスも別途必要です。


サードパーティソフトウェア

SASソフトウェアは、特定のサードパーティソフトウェア(オープンソースソフトウェアのみに限定されません)を提供することがあります。これは、サードパーティソフトウェアライセンス契約に基づきライセンスされます。 SASソフトウェアと共に提供されるサードパーティソフトウェアのライセンス情報に関しては、http://support.sas.com/thirdpartylicenses(英語)をご参照ください。

94A485
日本語版更新日:2017/12/22  英語版更新日:2017/12/11
リリース:9.4 (TS1M5), Rev.940_17w47
Pub Code:71396
SASおよびSAS Instituteのプロダクト名またはサービス名は、米国およびその他の国におけるSAS Institute Inc.の登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は各社の登録商標または商標です。
®は米国で登録されていることを示します。
Copyright© 2017, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA.