システム必要条件
SAS® MDM Standard 4.3

概要

このドキュメントには、SAS Master Data Management Standard (MDM Standard) バージョン4.3のシステム必要条件が記載されています。

SAS MDM Standard は、下記に記載している通り、複数のプラットフォームで利用することができます。

サーバー層

SAS MDM Standard Server

使用する環境を選択してください。

SAS MDM Standard Server は、SAS DataFlux Data Management Platform 2.7のみサポートしています。

SAS MDM Standard Serverには、1種類のSAS Data Management Contextual Extraction Language Pack (言語は選択)が含まれます。 1種類のQuality Knowledge Base Locale(対応言語は選択)または、1種類のQuality Knowledge Base for Product Data(対応言語は選択)のどちらかが含まれます。 SAS Data Quality Serverで選択したものと同じ種類のロケールを選択してください。

SAS MDM Standard Server は、Quality Knowledge Base (QKB) Contact Information バージョン 25 (以降)のみサポートしています。

SAS Data Management Server Remote Function Call for SAP 2.7は、リクエストがあればパッケージに含まれます。 SAS Federation Server Driver for SAPが含まれます。

SAS MDM Standard Server には、SAS Integration Technologiesが含まれます。 また、次のプロダクトも含まれます。

これらのプロダクトのシステム必要条件のドキュメントは、SASインストールセンター(http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/documentation/installcenter/)より参照できます。

SAS MDM Standard Server は、Oracle 11g または12c および、 Microsoft SQL Server 2012または2014のみサポートしています。 配置を開始する前に、データベースが作成されユーザーが定義されている必要があります。

SAS MDM Standard Server および、 SAS MDM Data Quality Standard Server は、同一筐体上にインストールすることが必須です。

SAS Data Quality Server

使用する環境を選択してください。

SAS Data Quality Server には、Quality Knowledge Base for Contact Information または、Quality Knowledge Base for Product Data(いずれもロケールを選択)のいずれか一方が含まれます。 特に選択詞ない場合、English(USA)ロケールのQuality Knowledge Base for Contact Informationがデフォルトで含まれます。

SAS Data Quality Server は、Quality Knowledge Base (QKB) for Contact Information version 25 (以降)および、 Quality Knowledge Base (QKB) for Product Data version 5 (以降)のみをサポートしています。

SAS Metadata Server

使用する環境を選択してください。

SASでは、SAS Metadata Server配置において次の事項を推奨しております。

  • 64-bitホストシステムであること
  • チューニング、管理、診断を単純化するため、専用のマシンであること
  • SAS Metadata Serverがマルチスレッドであるため、マルチコアサーバーハードウェアであること
  • 本番環境の配置においては、4コア以上であること

サーバークラスシステムのディスクI/Oパフォーマンスが十分である必要があります。 メモリの必要条件は、使用するプロダクトの組み合わせにかなり依存します。しかしながら、8 GBのRAMがあれば大抵の大規模配置にも対応可能です。 ほとんどの配置において、4GBのRAMで対応できます。より少ないメモリで賄えるような特定の配置が確認されない限り、この4GBという値が最低限必要なメモリ容量だと考えることができます。

SAS Data Servers

SAS MDM Standard には、次のSASデータサーバーが含まれます。これらは追加の設定が必要です。

  • SAS Job Monitor Data Server Configuration
  • SAS Data Remediation Data Server

これらのデータサーバーのサイズはそれぞれ中規模(medium)です。

注意: ソフトウェアを構成する際は、各データサーバーのサイズを考慮する必要があります。

インストール、アップデート、もしくは同じマシンへの1つまたは複数のSASデータサーバーの展開につながるプロダクトやソリューションの追加をする前に、共有メモリとセマフォのためにカーネルパラメータの変更が必要です。 小規模、中規模、大規模なデータサーバーの構成に関する詳細は、『SAS 9.4 Web Applications: Tuning for Performance and Scalability, Second Edition』の「Tuning the PostgreSQL Data Server」の章をご確認ください。ドキュメントは、こちらのWebページよりご確認いただけます: http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/documentation/onlinedoc/intellplatform/tabs/admin94.html


ミドル層

DataFlux MDM Standard Mid-Tier

使用する環境を選択してください。

必要なデータベース

SAS MDM Standard 4.3 Middle Tier がサポートしているのは、Oracle 11g または12c および、 Microsoft SQL Server 2012または2014のみです。 配置を開始する前に、データベースが作成されユーザーが定義されている必要があります。


クライアント層

SAS MDM Standard Studio

使用する環境を選択してください。

注意: Windows 10 (Home または、 Pro。64-bit版) もSAS クライアントソフトウェアでサポートしています。

SAS MDM Standard Studio には、1種類のQuality Knowledge Base Locale(種類は選択)または、1種類のSAS Quality Knowledge Base for Product Data(種類は選択)のいずれかが含まれます。 ロケールは、SAS MDM Standard Serverで選択したものと同じものである必要があります。 特に指定しない場合、デフォルトでQuality Knowledge Base Locale for English(USA)が同梱されます。 加えて、SAS MDM Standard は、Quality Knowledge Base (QKB) Contact Information 25 以降のみサポートしておりますので、ご注意ください。

SAS MDM Standard Studio には、1種類のSAS Data Management Contextual Extraction Language Pack (言語は選択)が含まれます。 ロケールは、SAS MDM Standard Serverで選択したものと同じものである必要があります。

SAS Data Management Server Remote Function Call for SAP 2.7は、リクエストがあればパッケージに含まれます。 SAS Federation Server Driver for SAPが含まれます。

SAS MDM Standard Administrator

使用する環境を選択してください。

注意: Windows 10 (Home または、 Pro。64-bit版) もSAS クライアントソフトウェアでサポートしています。

SAS MDM Standard Studio には、1種類のQuality Knowledge Base Locale(種類は選択)または、1種類のSAS Quality Knowledge Base for Product Data(種類は選択)のいずれかが含まれます。 ロケールは、SAS MDM Standard Serverで選択したものと同じものである必要があります。 特に指定しない場合、デフォルトでQuality Knowledge Base Locale for English(USA)が同梱されます。 加えて、SAS MDM Standard は、Quality Knowledge Base (QKB) Contact Information 25 以降のみサポートしておりますので、ご注意ください。

SAS MDM Standard Studio には、1種類のSAS Data Management Contextual Extraction Language Pack (言語は選択)が含まれます。 ロケールは、SAS MDM Standard Serverで選択したものと同じものである必要があります。

SAS Data Management Server Remote Function Call for SAP 2.7は、リクエストがあればパッケージに含まれます。 SAS Federation Server Driver for SAPが含まれます。

SAS MDM Standard Clients

使用する環境を選択してください。

注意: Windows 10 (Home または、 Pro。64-bit版) もSAS クライアントソフトウェアでサポートしています。


サードパーティソフトウェア

SASソフトウェアは、特定のサードパーティソフトウェア(オープンソースソフトウェアのみに限定されません)を提供することがあります。これは、サードパーティソフトウェアライセンス契約に基づきライセンスされます。 SASソフトウェアと共に提供されるサードパーティソフトウェアのライセンス情報に関しては、http://support.sas.com/thirdpartylicenses(英語)をご参照ください。

94A426
日本語版更新日:2017/05/12  英語版更新日:2017/04/24
リリース:9.4 (TS1M4), Rev.940_17w16
Pub Code:70739
SASおよびSAS Instituteのプロダクト名またはサービス名は、米国およびその他の国におけるSAS Institute Inc.の登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は各社の登録商標または商標です。
®は米国で登録されていることを示します。
Copyright© 2017, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA. All rights reserved.