システム必要条件
SAS® Promotion Optimization 5.4

サーバー層

SAS Promotion Optimization Server : x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • Base SAS 9.4
  • SAS BI Lineage Plug-in for SAS Management Console 4.4
  • SAS BI Lineage Scheduling Server 4.4
  • SAS Enterprise Miner 14.2
  • SAS High-Performance Forecasting 14.2
  • SAS Integration Technologies 9.4
  • SAS 管理コンソール 9.4
  • SAS Merchandise Intelligence Grid Server 5.41
  • SAS Merchandise Intelligence Server 5.41
  • SAS Promotion Optimization 5.4
  • SAS Promotion Optimization Server 5.4
  • SAS Revenue Optimization Server 5.4
  • SAS Web Infrastructure Platform Data Server 9.4
  • SAS Web Infrastructure Platform Scheduling Services 9.4
  • SAS/CONNECT 9.4
  • SAS/ETS 14.2
  • SAS/GRAPH 9.4
  • SAS/IML 14.2
  • SAS/OR 14.2
  • SAS/STAT 14.2

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 1,904 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.7(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

SAS Promotion Optimization Server には、1種類のSAS/ACCESSエンジン(Oracle)と3種類のSAS Metadata Bridge(種類は選択)も含まれます。

SAS Framework Data Serverは、SAS Integration Technologiesと同じサーバー層のマシンに配置する必要があります。

SAS Merchandise Intelligence Common Transactions Server :x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • Base SAS 9.4
  • SAS BI Lineage Plug-in for SAS Management Console 4.4
  • SAS BI Lineage Scheduling Server 4.4
  • SAS Enterprise Miner 14.2
  • SAS Forecast Server Procedures 14.2
  • SAS Integration Technologies 9.43
  • SAS 管理コンソール 9.4
  • SAS Merchandise Intelligence Common Transactions Server 5.41
  • SAS Merchandise Intelligence Server 5.41
  • SAS Web Infrastructure Platform Data Server 9.4
  • SAS Web Infrastructure Platform Scheduling Services 9.4
  • SAS/ACCESS Interface to Oracle 9.41
  • SAS/CONNECT 9.4
  • SAS/ETS 14.2
  • SAS/GRAPH 9.4
  • SAS/IML 14.2
  • SAS/OR 14.2
  • SAS/STAT 14.2

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 1,747 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.7(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

SAS Merchandise Intelligence Common Transactions Server には、1種類のSAS/ACCESSエンジン(プラットフォームごとに利用可能)と3種類のSAS Metadata Bridge(種類は選択)も含まれます。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server (分散または非分散LASR:Distributed or Non-Distributed LASR)

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server には、1種類の標準SAS/ACCESSエンジン(種類は選択)が含まれます。 これは、SAS Pack Optimization Long Jobs ServerのSAS/ACCESSエンジンと同じものである必要があります。 それ以外は、ライセンスが別になります。 SAS Visual Analytics Administration and Reporting Server をソリューションソフトウェアとは別の筐体にインストールすることを推奨しています。

パッケージに含まれるSAS Visual Analytics LASR Server

  • SAS Visual Analytics LASR Server(非分散:Non-distributed)は、配置が非分散LASR(Non-distributed LASR)用である場合にパッケージに自動的に含まれます。 配置が分散LASR(Distributed LASR)用である場合は、これはオプションになります。
  • SAS Visual Analytics LASR Server(分散:Distributed)は、配置が分散LASR(Distributed LASR)用である場合にパッケージに自動的に含まれます。

Hadoopのサポートに関して

Base SAS、SAS/ACCESSエンジン、およびSAS Visual Analytics Administration and Reporting Server は、コモディティハードウェア(symmetric)のヘッドノードまたは、別のハードウェア上(asymmetric)のいずれかにインストールすることができます。 そのため、Linux x64 LASRグリッドで実行していても、SAS Visual Analytics Administration and ReportingのDistributed LASR Base SASコンポーネントをWindows x64上にインストールすることができます。

SAS LASR Analytic Server (分散LASR:Distributed LASRのみ) : x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • SAS High-Performance Computing Management Console 2.8
  • SAS High-Performance Node Installation 3.6
  • SAS Plug-ins for Hadoop 1.0

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 1 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.7(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

共同で使用できるHadoop File System (HDFS) (colocated HDFS)の使用はオプションですが、サポートされているHadoop環境とSAS Plug-ins for Hadoop(これはライセンスに含まれています)が必須です。 サポートされているHadoopディストリビューションに関する情報は、http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/service/resources/thirdpartysupport/v94/hadoop/hadoop-distributions.htmlを参照してください。 このプラグインは追加の設定が必要です。 より詳細な情報は、『SAS High-Performance Analytics Infrastructure 3.5: Installation and Configuration Guide』(英語)をhttp://support.sas.com/documentation/solutions/hpainfrastructure/のWebページよりご参照ください。

SAS Metadata Server :x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • Base SAS 9.4
  • SAS/CONNECT 9.4

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 294 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.7(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

SASでは、SAS Metadata Server配置において次の事項を推奨しております。

  • 64-bitホストシステムであること
  • チューニング、管理、診断を単純化するため、専用のマシンであること
  • SAS Metadata Serverがマルチスレッドであるため、マルチコアサーバーハードウェアであること
  • 本番環境の配置においては、4コア以上であること

サーバークラスシステムのディスクI/Oパフォーマンスが十分である必要があります。 メモリの必要条件は、使用するプロダクトの組み合わせにかなり依存します。しかしながら、8 GBのRAMがあれば大抵の大規模配置にも対応可能です。 ほとんどの配置において、4GBのRAMで対応できます。より少ないメモリで賄えるような特定の配置が確認されない限り、この4GBという値が最低限必要なメモリ容量だと考えることができます。

サーバー層のハードウェア

サポートしているマシン

SAS Promotion Optimization 5.4は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.5以降を実行できる64-bitマシン、すなわちx64チップファミリ(x86-64)のマシンが必須です。

バーチャル環境(VMWareなど)のサポートに関する情報は、こちらのWebサイト(英語)を参照してください。

http://support.sas.com/techsup/pcn/virtualization.html

必要なメモリ

データベース層:コアあたり6GBのメモリ最小が最低限必要。コアあたり8GBのメモリを推奨。

SASバックエンドサーバー層:コアあたり6GBのメモリ最小が最低限必要。コアあたり16 GBのメモリを推奨。

ストレージの必要条件

IOスレッドあたり50MB/秒が必須(最小)

IOスレッドの数は、たとえば、データのサイズ、コアの総数、バッチウィンドウの数など、さまざまな要因に左右されます。 (これは、通常ハードウェアのサイジングプロセスで決定されます。)

オペレーティングシステム

Red Hat Enterprise Linux 5.5以上

サードパーティソフトウェア

注意: サードパーティソフトウェアの入手とインストールに関するより詳細な情報は、『SAS Merchandise Intelligence 5.2 Installation Guide』を参照してください。

Java Runtime Environment

JREは、SAS Merchandise Intelligence Grid Serverで必須です。 正しいバージョンのJREがインストールに含まれます。

データベース

Oracle Database 11g または、12c Standard Edition が必須です。

注意: Oracleのインストール時に適切なJDBCドライバが含まれます。

Samba

Sambaは、SAS Serverマシン上で必要です。 必要なバージョンのSambaは、Red Hat Enterprise Linux 5.5に含まれています。


ミドル層

SAS Promotion Optimization Mid-Tiers:x64 Linux

このマシンにインストールするSASプロダクト:
  • SAS Merchandise Intelligence Mid-Tier 5.41
  • SAS Merchandise Intelligence Workbench Server 5.41
  • SAS Studio Mid-Tier 3.6
  • SAS Web Application Server 9.43
  • SAS Web Infrastructure Platform 9.4
  • SAS Web Parts for Microsoft SharePoint 6.13
  • SAS Web Report Studio 4.4
  • SAS Web Server 9.43

インストールするプロダクトで必要なディスク容量: 1,769 MB
サポートしている実行環境:
  • 64-bit版 Oracle Linux 6.1 (x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 6.7(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 Red Hat Enterprise Linux 7.1(x64チップファミリ)
  • 64-bit版 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 (x64チップファミリ)

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Mid-Tier (分散または非分散LASR:Distributed or Non-Distributed LASR)

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Administration and Reporting Mid-Tierを別筐体にインストールすることを推奨しています。

ミドル層のハードウェア

ミドル層は、サーバー層と同じマシンをサポートし、同じオペレーティングシステムを使用します。

必要なメモリ

コアあたり4 GBのメモリ

ストレージ(最小)

30 GB

Web アプリケーションサーバー

SASソリューションソフトウェアをインストールする際、SAS Deployment Managerが必要なWebアプリケーションサーバーとWebサーバーのインストールと設定を行います。

これらのサーバーをインストールするには、ミドル層でサポートしているオペレーティングシステムからいずれか1つを選択します。

注意: これらのサーバーをz/OSまたは、32-bit版Windowsプラットフォームにインストールすることはできません。


クライアント層

SAS Promotion Optimization Clients

使用する環境を選択してください。

SAS Visual Analytics Mobile Clients

SAS Visual Analytics Mobile Clients (SAS Mobile BI)は、App Storeからの無料ダウンロードにより、Apple iPadおよび、Androidタブレットで利用可能です。

Java Runtime Environment

JREは、SAS Merchandise Intelligence Clientで必須です。 正しいバージョンのJREがインストールに含まれます。

クライアント層のハードウェア

クライアント層の最小限の必要条件は次のようになっています。

プロセッサ

32-bitまたは、64-bit IntelもしくはAMDのマシンが必須です。オペレーティングシステムによって異なります。

プロセッサの速度

最小限必要なプロセッサ速度は、オペレーティングシステムによって異なります。 たとえば、

  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64-bit): 1.4 GHz
  • Windows 7 (64-bit): 1 GHz

最小限必要なRAM

最小限必要なRAMは、オペレーティングシステムによって異なります。 たとえば、

  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64-bit): 1 GB
  • Windows 7 (64-bit): 2 GB

推奨しているRAM

推奨されているRAMは、オペレーティングシステムによって異なります。 たとえば、

  • Microsoft Windows Server 2008 R2(64-bit): 4 GB
  • Windows 7 (64-bit): 4 GB

注意: さらにRAMを追加することで、更なるパフォーマンスの向上が期待されます。

利用可能な最小限のディスク容量

  • クライアント: 312 MB
  • ワークベンチ: 315 MB
  • SAS管理コンソール用プラグイン 100 MB

サポートしているディスプレイの解像度(最小構成)

  • クライアント: 1280 x 1024
  • ワークベンチ: 1280 x 1024
  • SAS管理コンソール用プラグイン 1024 X 768

その他のサードパーティソフトウェア

SAS Merchandise Intelligence ClientおよびSAS Merchandise Solutions Configuration Workbenchの高度な機能を使用するには、次のアプリケーションをインストールしてください。

Adobe Reader

Adobe Reader 6以降が必須です。これにより、ユーザーはビューをエクスポートしたり、PDFを印刷したり、ソリューションのドキュメントを参照することができます。

Microsoft Internet Explorer

Webブラウザは、SASドキュメントのWebサイトやSASテクニカルサポートのWebサイトに接続するすべてのマシンで必須です。

サポートしているバージョン

  • Microsoft Internet Explorer 11 以上

Microsoft Office Excel

Microsoft Office Professional Plus 2010が必須です。このバージョンの使用により、いくつかのリストやテーブルをExcelにエクスポートしたり (Excelへのエクスポート機能があるものから) 、エクスポートされたビューを参照したりすることが可能になります。


サードパーティソフトウェア

SASソフトウェアは、特定のサードパーティソフトウェア(オープンソースソフトウェアのみに限定されません)を提供することがあります。これは、サードパーティソフトウェアライセンス契約に基づきライセンスされます。 SASソフトウェアと共に提供されるサードパーティソフトウェアのライセンス情報に関しては、http://support.sas.com/thirdpartylicenses(英語)をご参照ください。

94A444
日本語版更新日:2017/07/28  英語版更新日:2017/06/28
リリース:9.4 (TS1M4), Rev.940_17w29
Pub Code:70601
SASおよびSAS Instituteのプロダクト名またはサービス名は、米国およびその他の国におけるSAS Institute Inc.の登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は各社の登録商標または商標です。
®は米国で登録されていることを示します。
Copyright© 2017, SAS Institute Inc., Cary, NC, USA.