IBM WebSphere Application Server 6.0

IBM WebSphere Application Server 6.0 Base Serverのインストールと設定

このインストールおよび設定手順は、SAS WebアプリケーションとIBM WebSphere Application Server Version 6.0を使用したワーキングサーバー構成をサポートします。 この手順は、単体でWebSphere Application Server Base Serverをインストールしていると仮定しています。


このドキュメントでは、下記のタスクについて扱います:

WebSphere Application Serverの入手

サーバーを入手するには、IBM WebSphere Softwareページを開きます。 このページの左側にある、「How To Buy」をクリックし、WebSphere Version 6.0を注文する電話をかけます。 このバージョンは、次の3つのプラットフォームで必要です。

    • Windows
    • AIX
    • Solaris

SASソリューションをご利用のお客様で、SASを通してWebSphereのライセンスを購入された方には、WebSphere 6.0 CDがSASプロダクトとともに発送されます。

サポートされているプラットフォーム別に、下記のようにさまざまなWebSphereコンポーネントを含む2枚のCDが用意されています。

注意:WebSphere 6.0 CDは、インストール後のFix Packを含みません。Fix PackはIBM社のWebサイトからダウンロードしてください。 ポストインストールタスクの実行を参照してください。

WebSphere Application Serverのインストール

プロファイルに関する注意

IBM WebSphere Serverの以前のバージョンに親しんでいる場合、バージョン6.0から、IBMが新しいコンセプト—「プロファイル」を導入したことに気付くでしょう。 プロファイルの使用により、WebSphereがランタイムファイル(変更される可能性があるファイル)をコアプロダクトのファイル(あまり変更されることのないファイル)から切り離すことを可能にしました。 プロファイルは、単一のWebSphere Application Serverのランタイム環境を定義します。 その都度完全なインストールを実行することなく、1つのマシン上に複数のプロファイルを設定することが可能です。 これはディスクスペースを節約するだけではなく、必要に応じて新しいサーバーの追加やコアファイルの更新プロセスを簡略化します。

インストール
注意: UNIXでインストールする場合、インストールはrootで実行する必要があります。

  1. WebSphere Application Serverをインストールする場合、2つの選択肢があります。 (1) メインディレクトリにある[launchpad]を実行する(ブラウザの設定が必要です)
(2) WASディレクトリにあるインストール実行ファイルを実行する 以下の手順は、launchpadを実行するものと仮定して進めます。

    launchpad.bat(Windowsの場合)もしくは、launchpad.sh(UNIXの場合)を起動します (UNIXプラットフォームでは、PATHにカレントディレクトリ(“.”)が含まれていない場合、「./Launchpad.sh」と入力する必要があります。)。 IBM WebSphere Application Server Network Deployment画面が表示されます。

  2. [Launch the installation wizard for WebSphere Application Server]をクリックします。 「Welcome to IBM WebSphere Application Server Network Deployment V6」画面が表示されます。

  3. [Next]をクリックします。 Software License Agreementが表示されます。

  4. 作業を続けるには、License Agreementに同意して[Next]をクリックします。 System Prerequisites Checkページが表示され、使用しているシステムが自動的に確認されます。 確認された前提条件との適合結果が表示されます。 前提条件の問題は主にバックレベルOSで見つかります。空き容量が十分ではなかったり、UNIXカーネルの設定で問題があったりします。 問題が見つかったら、ウィザードを中止し、問題を修正してからウィザードを再開します。

  5. 前提条件の確認で問題がなければ、 [Next]をクリックします。

  6. WebSphere Application Serverをインストールするディレクトリを入力します。 ほとんどの場合、デフォルトを使用します。 [Next]をクリックします。 要求された機能を表示するページが表示されます。 3つの機能が選択されています。

  7. [Core product files]は選択したまま残してください。[Application Server Samples][Javadocs]は、必要なければ選択しなくてもかまいません。 [Next]をクリックします。確認のため、インストールされる機能のサマリーが表示されます。

  8. [Next]をクリックします。 インストールが開始します。 プロセスバーが表示されます。 インストールには時間がかかりますが、しばらくお待ちください。 インストールが完了すると、「Installation is Complete」ページが表示されます。

  9. [Launch the Profile Creation wizard]が選択された状態で、[Next]をクリックします。 「Welcome to Profile Creation Wizard」ページが表示されます。

  10. [Next]をクリックします。 「Profile Type Selection」画面が表示されます。

  11. Profile Type Selection画面でのデフォルトの設定は、[Create an Application Server profile]です。 単一のベースアプリケーションサーバーをインストールする場合は、そのままにします(あとから、WAS ND環境で実行すると決めた場合は、Profile Wizardを実行し、[Create a deployment manager profile]を選択します)。[Next]をクリックします。プロファイル名を入力するプロンプトが表示されます。

  12. デフォルトのプロファイル名—AppSrv01を使用するため、[Next]をクリックします。 プロファイルディレクトリを入力するプロンプトが表示されます。 デフォルトは、「\profiles\AppSrv01」という部分が含まれるインストールディレクトリです。 例えば、Windowsでのデフォルトディレクトリは「C:\Program Files\IBM\WebSphere\AppServer\profiles\AppSrv01」のようになります。

  13. デフォルトを使用するため、[Next]をクリックします。 ノード名とホスト名が表示されます。

  14. デフォルトでは、ホストは使用しているマシンのDNS名、ノードはマシン名+「Node01」です。 デフォルトを使用するため、[Next]をクリックします。 Port Value Assignmentsが表示されます。

  15. このマシン上にインストールされているWebSphere Application Serverが1つだけであれば、競合についてはまったく心配する必要がありません。他のWASが見つかった場合、競合を排除できるようにポートを正しく設定する必要があります。 一度に1つだけのWASだけ使用する場合は、同じポートを使用することもできます。[Next]をクリックします。

  16. Windowsシステムのみ: 「Windows service definition」画面が表示されます。WASをWindowsサービスとしてインストールするという項目を選択します。これを選択するには、ローカルシステムアカウントとしてログインするかもしくは、ユーザーIDとパスワードの入力を必要とする特定のユーザーアカウントとしてログインするか選ぶ必要があります。 最後に、自動的もしくはマニュアルでログオンするか、あるいはログオンを無効にするかを選択する必要があります。 選択したら、[Next]をクリックします。 「Profile Type Summary」ページが表示されます。

  17. サマリーを確認し、[Next]をクリックします。 Profile Creation Wizardがプロファイルの作成を開始します。このプロセスにはしばらく時間がかかりますが、お待ちください。 ウィザードが完了すると、[Launch the First steps console]が選択された状態で、Profile Creation complete画面が表示されます。

  18. [Launch the First steps console]が選択された状態で、[Finish]をクリックします。 First Stepsページが表示されます。

  19. [Installation Verification]をクリックします。 Installation Verification画面が確認手順の進行状況を示すメッセージと共に表示されます。

  20. サーバーが開始され、いくつかテストが実行されます。それから、そのテスト結果が表示されます。スクロールダウンして、必ず、メッセージを最後まで確認してください。 すべてが成功している場合、メッセージの最後に「Installation Verification is complete」と表示されています。 そう表示されていれば、アプリケーションサーバーが稼動しています。

  21. First Step画面に戻り、[Administrative console]をクリックします。ユーザーIDを入力するプロンプトが表示されます。

  22. どのようなタイプのセキュリティシステムも実行されていない場合は、単純に[Log in]をクリックします。 WebSphere Application Server Administrative Consoleが表示されます。

  23. [Applications]->[Enterprise Applications]の順に選択すると、3つのアプリケーションが一覧で表示されます。

    • DefaultApplication-デフォルトのサンプルSnoopサーブレットアプリケーション
    • ivtApp ‐ デフォルトの初期検証テストアプリケーション
    • query - Dynamic query PME機能

    これ以外のアプリケーションが一覧にある場合、WebSphere Application Serverサンプルをインストールしていることを意味しています。Administrative Consoleの試用が完了したら、ログアウトしてください。

  24. First Steps画面で、[Stop the server]をクリックします。 サーバーのシャットダウンの進捗状況を表示するメッセージが表示されます。

  25. First Steps画面を閉じ、IBM WebSphere Application Server Network Deployment画面も閉じます。

ポストインストールタスクの実行

修正の適用

必要なWebSphere 6.0修正

現在、SASでは以下のWebSphere Application Server 6.0をサポートしています。

(1) WebSphere Application Server V6.0 Refresh Pack 2

(2) WebSphere Application Server V6.0.2 Fix Pack 15もしくは、 WebSphere Application Server V6.0.2 Fix Pack 19

(3)Java SDK 1.4.2 SR6 Cumulative Fix for IBM WebSphere Application Server

(4) APAR PK31745; 6.0.2.17: deadlock in utf-8 servlet response 注意:Fix Pack 15をインストールした場合、このAPARを適用することが必要です。 しかしながら、Fix Pack 19をインストールした場合は、Fix Pack 19に含まれているので、このAPARを別途適用する必要はありません。

2つのWebコンテナのカスタムプロパティの設定

WebSphereインストールにサービスを適用するときはどのような場合も事前に、すべてのサーバー、ノードエージェント、dmgrsが停止していることを確認してください。 また、それぞれのプロファイルにbackupConfigを実行してください。

まず、プロダクトのバージョンを6.0から6.0.2に上げるため、WebSphere Application Server V6.0 Refresh Pack 2を適用します。 使用しているプラットフォームに適したダウンロードページ用のタブをクリックします。 リフレッシュパックを適用する前に、『Readme for IBM WebSphere Application Server V6.0.2』に目を通してください。

次に、プロダクトのバージョンを6.0.2から6.0.2.15に上げるため、WebSphere Application Server V6.0.2 Fix Pack 15を適用するか、もしくはWebSphere Application Server V6.0.2 Fix Pack 19を適用します。 使用しているプラットフォームに適したダウンロードページ用のタブをクリックします。 フィックスパックを適用する前に、『Readme for IBM WebSphere Application Server V6.0.2.15』 もしくは、『Readme for WebSphere Application Server V6.0.2.19』に目を通してください。

3番目に、Java SDK 1.4.2. SR6 Cumulative Fix for IBM WebSphere Application Serverを適用します。これもプロダクトのSDKを6.0.2から6.0.2.15のレベルにするために必要です。 使用しているプラットフォームに適したダウンロードページ用のタブをクリックします。 この累積的な修正を適用する前に『Readme for Java SDK 1.4.2 SR6 Cumulative Fix for IBM WebSphere Application Server』に目を通してください。

4番目に、Fix Pack15をインストールしている場合、WebSphereのもとで実行しているSAS Webアプリケーションに必要な修正を取り込むため、APARの修正 「PK31745; 6.0.2.17: deadlock in utf-8 servlet response」 を別途適用する必要があります。 このAPARを別途インストールする必要があるのは、Fix Pack 15をインストールしている場合のみです。Fix Pack 19をインストールしている場合は、このAPARは自動的に適用されます。 この修正を適用する前に『Readme for PK31745』に目を通してください。

5番目に、SAS webアプリケーションで必要なTCPチャネルの同期動作をWebSphereに使用させるため、webコンテナのカスタムプロパティ(下記に説明があります)を設定することが必要です。

上記URLから、使用しているプラットフォームに適したパッケージをダウンロードします。 そのパッケージにはUpdateInstallerが含まれるので、別途UpdateInstallerのダウンロードとインストールを実行する必要はありません。 特定のサービスのインストール手順については、Readmeファイルを参照してください。

必要なカスタムプロパティ

すべてのサービスを適用し終わると、SASアプリケーションが配置されている各サーバーに、2つのwebコンテナのカスタムプロパティを追加する必要があります。 この作業はWebSphere Application Server Administrative Consoleから実行できます。次の作業を行ってください。

SAS Enterprise Business Intelligence(EBI)のためのTuning Valueの設定

Enterprise Business Intelligence(EBI)アプリケーションでのベンチマークの実行と耐久テストの結果から、下記のチューニングを推奨します。 JVM引数はプラットフォームによってい異なります。一方、Webコンテナプロパティとスレッドプール設定は、プラットフォームにかかわらずWebSphereに適用します。 AIX上で実行しているユーザーには、「 追加のAIX OSチューニング手順」があります。

複数のユーザーのためのJVM引数

  1. Administrative Consoleから、[Servers]->[Application Servers] ->servername(サーバー名) ->[Java and Process] ->[Management Process Definition] ->[Java Virtual Machine]
    の順に選択します。
  2. 下記に示すようにGeneric JVM Argumentsを設定します。(注意:これら推奨されているJVMチューニングパラメータは、32-bitバージョンのJVMにのみ適用します。64-bitバージョンのJVMに対してはテストを実施しておらず、必ず適用できるとはいえません。)

Windows:
-Xms640m -Xmx1472m -Xss128k -Xoss128k -Xpartialcompactgc -Xgcpolicy:optthruput -Dsun.rmi.dgc.client.gcInterval=3600000 -Dsun.rmi.dgc.server.gcInterval=3600000 -Djava.awt.headless=true -Xk15000 -Dsun.rmi.dgc.ackTimeout=1 -Dcom.ibm.websphere.threadpool.clearThreadLocal=TRUE

AIX:

-Xms640m -Xmx1840m -Xss256k -Xoss256k -Xpartialcompactgc -Xgcpolicy:optthruput -Dsun.rmi.dgc.client.gcInterval=3600000 -Dsun.rmi.dgc.server.gcInterval=3600000 -Djava.awt.headless=true -Xk15000 -Xloratio0.2 -Dsun.rmi.dgc.ackTimeout=1 -Dcom.ibm.websphere.threadpool.clearThreadLocal=TRUE

Solaris:

-Xms640m -Xmx1840m -Xss256k -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:NewSize=256m -XX:MaxNewSize=512m -XX:MaxPermSize=256m -Dsun.rmi.dgc.client.gcInterval=3600000 -Dsun.rmi.dgc.server.gcInterval=3600000 -Djava.awt.headless=true -Dsun.rmi.dgc.ackTimeout=1 -Dcom.ibm.websphere.threadpool.clearThreadLocal=TRUE

 

Web Container Propertiesの設定

上記、「2つのWebコンテナのカスタムプロパティの設定」の最後の文節を参照してください。


Thread-Pool Propertiesの設定

  1. Administrative consoleから、[Servers]->[Application servers] ->servername(サーバー名) -> [Additional Properties] -> 「Thread Pools」 -> [WebContainer]を選択します。

  2. min]の値を10から35に、[max]の値を50から35に変更します。

  3. OK]をクリックして変更を保存します。


AIX特有のOSのチューニング

(以下の情報は、次のWebサイトを参考にしています。http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/wasinfo/v6r0/index.jsp?topic=/com.ibm.websphere.base.doc/info/aes/ae/tprf_tuneaix.html この手順には、何らかの修正が加わることがあります。)

  1. rootとして次のコマンドを実行し、4GBのラージページを予約します。

    1. vmo -r -o lgpg_regions=256 -o lgpg_size=16777216
    2. bosboot -ad /dev/ipldevice
    3. reboot -q

  2. 再起動後、次の手順を実行し、AIX上のラージページサポートを有効にします。

    1. vmo -p -o v_pinshm=1

  3. rootユーザーとして、下記のコマンドを追加します。 このコマンドは、WebSphereを実行するアカウントの権限を設定します。

    1. chuser capabilities=CAP_BYPASS_RAC_VMM,CAP_PROPAGATE <WebSphereUserID>

  4. -Xlp JavaオプションをWebSphere汎用JVMオプション(WebSphere generic JVM options)に追加します。 次の手順を実行してください。

    1. WebSphere Administrative Consoleで、[Servers] -> [Application servers] -> serverName (サーバー名)を選択します。 このserverName(サーバー名)は、設定するWebSphereサーバーの名前に対応しています。

    2. [Java and Process Management] -> [Process Definition] -> [Java Virtual Machine]を選択します。

    3. 汎用JVM引数(Generic JVM Argument)フィールドに、-Xlpを追加します。 -Xlp は、JavaのLarge Pageサポートを可能にします。
  5. 以下のコマンドを設定します。

    1. ulimit -f unlimited

    2. ulimit -m unlimited

      ulimitコマンドの「-f」オプションは、作成されるファイルの最大値を定義します。 同じく、「-m」オプションは、実メモリ上に存在するページ数の最大値を設定します。
  6. SAS EBI Webアプリケーションの配置

    WebSphere Application Serverとともに使うSAS Webアプリケーションを配置する前に、SASインテリジェンスプラットフォームがインストールされ、設定されている必要があります。 『SAS 9 .1.3インテリジェンスプラットフォーム:管理者用ドキュメント』ページを参照してください。 アプリケーション毎にそれぞれ配置手順があります。 以下は、SASアプリケーションで共通の手順です。

    1. WebSphereのJAAS設定ファイル(デフォルトでは、wsjaas.conf)をSAS Web Infrastructure Kitアプリケーションで使用する認証情報を含むように更新します。 この手順を実行するには、login.configファイル(C:\Program Files\SAS\SASWebReportStudio\9.1\live\のようなフォルダにあります)の内容のコメント部分以外をコピーして、wsjaas.conf(C:\Program Files\IBM\WebSphere\AppServer\profiles\AppSrv01\properties\のようなディレクトリにあります)に追加します。

      注意:login.configファイルに含まれるコメント行は必ず除外してください。 コメントは、wsjaas.confファイルに含めることができません。

    2. Webアプリケーションのアーカイブファイルのためのステージングディレクトリを作成します。(例えば、C:\apps\WebSphere\webapps

    3. 適切なWARファイルをSAS構成ディレクトリ(例えば、C:\SAS\EntBIServer\Lev1\web\webapps)から、今作成したステージングディレクトリにコピーします。 例えば、SAS Web Report Studioの場合、SASWebReportStudio.warをコピーします。

    4. 次のいくつかの手順は、全てのアプリケーションのためのJava 2 Securityの設定を含みます。 もし開始していない場合は、WebSphere Application Serverを開始します。 ブラウザで、WebSphere Administrative Console(http://localhost:9060/admin)を開きます。

    5. Consoleの左側で、[Security]-> [Global Security]を選択します。

    6. [Enforce Java 2 Security]チェックボックスを選択します。 [OK]をクリックします。

    7. Message(s)ボックスのSaveリンクを選択します。 Save to Master Configurationダイアログボックスで、[Save]を選択します。

    8. Consoleの左側で、 [Applications]->[Install New Application]を選択します。

    9. はじめの画面では、Browseボタンを使用してwebappsディレクトリにナビゲートし、適切なWebアプリケーションを選択して、Local path (または、ネットワーク配置のためのServer path ) を設定します。

    10. Webアプリケーションの名前(ファイル名から.war拡張子を除いたもの)にContext Rootを設定し、[Next]を選択します。

    11. 通常、次の画面以降はデフォルトの値のまま進み、最後の画面ではWebアプリケーションを配置するために [Finish]を選択します。

    12. Installing画面では、 [Save to Master Configuration]を選択します。 Save画面では、元の設定への変更を保存するため[Save]を選択します。

    13. 配置しているアプリケーションによっては、アプリケーションの構成ファイルにあるデフォルトの設定を複数変更する必要があります。 特定のアプリケーションの設定を表示するには、Consoleの右側に表示される[Deployed Applications]リストにあるそのアプリケーションの名前をダブルクリックします。 通常、WebSphereの配下に配置されたSASアプリケーション毎に次の設定を適用します。

      それぞれのアプリケーションサーバー毎に

      • Application class loader policyをデフォルトで選択されている、[Multiple]のまま残します。

      それぞれのEnterprise Application毎に

      • WAR class loader policyをModuleに設定します。
      • Class loader modeをParent Lastに設定します。


      特定のアプリケーションに関するガイドとして、下記の 追加情報を参照してください。

    14. was.policyファイルを更新します。このファイルはたとえばWindowsを使用している場合、C:\Program Files\IBM\WebSphere\AppServer\profiles\AppSrv01\Iconfig\Icells\hostNode\applications\filename.ear\deployments\filename\META-INFにあります。 Policyファイルは、Webアプリケーションに付与されたアクセス権を制御します。 2つのポリシーファイルフラグメントが、構成ディレクトリの\Lev1\web\Deploymentsフォルダにあります。 使用している管理ガイドラインに基づき、適切なフラグメントをwas.policyファイルの終わりに追加します。
      • sas.allpermissions.websphere.policy は、Webアプリケーションがセキュリティの制限なしに実行することを許可します。 このファイルは、初めのインストールのときに使用します。
      • sas.websphere.policy はより制限されたセキュリティ設定を定義します。 このファイルはプロダクション環境で使用してください。

    15. WebSphere Application Serverを一旦停止し、再起動します。


    追加情報

    SASアプリケーションの配置に関する追加情報は、それらのアプリケーションに付属するドキュメントを参照します。 それらのドキュメントのうちのいくつかを、典型的なWindows版での格納場所とともに、以下の通り記載します。

    • Installation Instructions: SAS Web Infrastructure Kit (C:\Program Files\SAS\Web\Portal2.0.1\wik_readme.html) - 追加設定と、配置オプションに関する注意書きを含みます。

    • SAS Web Report Studio Deployment Notes (C:\Program Files\SAS\SASWebReportStudio\9.1\deployment.html) - 追加設定と配置オプションに関する注意を含みます。

    • SAS Web Report Viewer Deployment Notes (C:\Program Files\SAS\SASWebReportViewer\9.1\deployment.html) - 追加設定と配置オプションに関する注意を含みます。

    • WAS 6.0 Infocenter: 特に詳細なインストール手順を参照するには、下記のURLを参照してください。 http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/ws60help/index.jsp?topic=/com.ibm.websphere.nd.doc/info/ae/ae/tins_epinst.html