Warranty Analysis

SAS® Warranty Analysis

ワランティ・コストを削減し、顧客満足度を向上

SAS Warranty Analysisは、問題の早期アラート発信、根本原因発見の時間短縮、リコールの規模と範囲の最小化に貢献します。現場の実績データを、主要な顧客・製品・製造過程・地域の情報と統合し、企業が問題の発見と解決をより早期に行い、ワランティ・コストを大幅に削減します。

重要なワランティ・データを、効率的な対策対象の識別と根本原因分析のために設計された単一のレポジトリに統合。問題の早期アラート発信、重要度の予測、根本原因判別の時間短縮、リコールの規模の最小化が実現されます。

「私たちは問題が表面化する前に、本質的な問題を発見することができると共に、真の要因は何か、ということを正確に把握するこができるのです。SASを導入することで数百万ドルにおよぶ大幅なコスト削減が可能になります」

Tracy Cermack氏
Project Manager in the Service Engineering Information Department
American Honda Motor Company

利点

ワランティ・コストの削減

今日の市場においては、ワランティ関連データのレポートを作成するだけでは充分とはいえません。早期にアラートを発信、問題を迅速に判別し、根本原因を突き止めるためにはデータを積極的に分析できなければなりません。SAS Warranty Analysisは、先進的な分析機能とデータマイニングの手法により、問題の早期発見、潜在コストの正確な見積もり、問題発生箇所の精緻な特定をサポートし、ワランティ関連コストの削減に貢献します。

問題の早期検知

製造時期、稼動時間、事象発生時期を同時に監視する、問題の早期発見のための機能を提供します。分析担当者が何百、何千といった多数の図表を見比べなくても、システムが現場で発生した問題を自動的に識別します。故障発生率が通常値を超えた際にはフラグを設定し、分析担当者やエンジニアに対して調査の必要がある問題が存在することを通知します。こうすることで、企業は新規の問題を重大化する前に発見し、問題解決のプロセスをいち早く開始することができます。

検知から修正までの時間短縮

不具合に対する様々な属性を使って、通常の変動からの統計的な乖離度合い(有意差)にもとづいた問題解決の糸口を察知することができるため、エンジニアは部品の発注や解体の判断に必要な情報を得ることができます。

リコールの最小化

どの製品・顧客・使用属性が故障の要因となっているのかを理解することで、企業はリスクの高い属性を有するリコールにフォーカスできるようになります。その結果、リコールの規模と範囲を縮小します。

特長

Warranty Analysis
  • 早期アラート管理システム
  • 高度なワランティ情報分析
  • 統合されたテキスト分析機能
  • 容易なワランティ・レポーティング機能
  • ワランティ・ダッシュボード
  • Webベースのワランティ関連情報ライブラリ

SASの優位性

  • SASは、品質保証関連のデータ分析(warranty analysis)分野におけるリーダー的存在であり、その豊富な専門知識をソリューションに組み込んでいます。
  • SASのソリューションは、品質保証に関するレポーティングだけではなく品質保証関連のデータ分析に特化しています。新たに発生する問題を特定し対応する以下のようなワークフローを自動化します。
    • 問題の検出
      • 問題を早期に特定します。
    • 問題の優先順位付け
      • 問題の解決にかかるコストと、対処しない場合に発生するコストを計算・比較し、問題を大局的な視点で見ながら解決の優先順位付けを可能にします。
    • 要因の特定
      • 問題発生の原因となる変動要素の組み合わせを突き止め、故障モデルを分離させることで、真の根本的原因を分析します。

スクリーンショット

お勧めの関連資料

Fact Sheet

SAS® Warranty Analysis 4.3 Fact Sheet

Get Fact Sheet

News

SAS® Warranty Analysis Product Brief

Get Product Brief

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top