Quality Lifecycle Analysis

SAS® Production Quality Analytics

品質管理に新たな視点。プロダクト・ライフサイクル全体の品質管理を「予見力」を通じて強力に実現

SAS Production Quality Analyticsは、高度な分析機能やレポーティングのテクノロジーを利用して、製造業の品質に関する総合的な視点を、エンタープライズ規模で提供することができるレポーティング機能やモニタリング機能、アラート(警告)機能を備えたソリューションを提供しています。

品質解析を中心としたモデリング機能、自動モニタリング機能およびアラート機能、高度な分析ワークベンチ、Webベースのダッシュボード機能とレポーティング機能を備えています。

データ統合、自動化、分析といった機能を組み合わせることによって、大規模な製造プロセスにも事実にもとづく洞察力を提供し、コストの把握と管理に役立つだけでなく、品質向上にも貢献します。

利点

企業全体を見渡す総合的なビューを提供

SASはエンタープライズ対応のデータモデルを利用することによって、レガシーシステムあるいはMES(製造実行システム)やERP、その他のシステムからでも、フォーマットやソースの違いを超えて大量のデータを収集し、データの変換、標準化、クレンジングを実行して分析に使用できるように整えていきます。SASのデータモデルは、さまざまなタイプのデータを処理することができ、各企業独自のデータタイプに対応するためのカスタマイズも可能です。さらに、最先端の分析およびレポーティングのテクノロジーを活用して、業績目標と実績の間のギャップを埋めるため、戦略の調整に活かすこともできます。

変化を迅速に察知

世界有数の品質管理機能によって、業務のパフォーマンスおよび品質に関する洞察を提供し、各レベルでプロセス管理をさらに強化することができます。また早期アラート分析機能によって、品質やパフォーマンスに関連する問題の芽をプロアクティブに発見して対応を促し、顧客を巻き込んだ問題に発展する前に解決できるようにしていきます。

品質保持にかかるコストを削減

SASが提供する最新の分析機能とデータ・マイニング機能は、継続的に品質の向上を推進し、会社(製品)の信頼性と歩留まりを高めていきます。プロセス管理が強化され、効率性も改善されるので、再作業やスクラップ率が減少し、これによって全体的な製造原価構造も改善していきます。

収益性の向上予測

モデリングの機能を使うことで最適なプロセス設定が可能となり、設備資産の稼働率の向上や原材料消費の最適化、再作業率やスクラップにかかるコストの削減へとつながっていきます。さらに、SASが提供する最新の分析機能は、設備機器のパフォーマンスを改善し、サイクルタイムの短縮にも貢献します。その結果、業務全体の収益性を改善することができるのです。

特長

Quality Lifecycle Analysis
  • エンタープライズ対応の品質管理データモデルにすべての関連データを統合
  • 自動モニタリング/アラート機能
  • 予測モデリング

  • 高度な分析ワークベンチ
  • ドリルダウン可能なアラート機能を備えたレポーティング機能とKPIダッシュボード



SASの優位性

  • エンド・トゥ・エンドの統合機能
    • SASは、優れたエンド・トゥ・エンド機能を提供します。データの収集と分析を行い、全社にわたっての情報共有が可能です。
  • コスト削減
    •  最先端技術で構築された分析・予測モデリング機能は、管理強化とプロセス改善を促進し、コストの削減や作業効率を向上します。
  • 分析にもとづいた早期の警告
    • 数千ものパラメーターを継続的に監視し、潜在的な品質問題が顕在化して高いコストが発生する前に、自動的にアラートを送信します。
  • 柔軟性
    • SASは、ほぼすべてのデータタイプに対応したデータモデルを提供します。さらに、SASのデータモデルは必要に応じて、対応データタイプを追加してカスタマイズできます。

スクリーンショット

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top