Demand-Driven Forecasting

SAS® Demand-Driven Forecasting

需要予測・在庫最適化

SAS Demand-Driven ForecastingはS&OPプロセスと連動し、統計的予測に基づいたコンセンサスの形成を促進します。シナリオ分析・予測モデリングの機能に加え、需要計画のためのワークフローを新たに搭載し、拡張性や自動化を実現するとともに、複雑で高度な分析機能を幅広く提供します。

SAS Demand-Driven Forecastingは、予測プロセスの自動化・分析機能・ワークフロー機能を組み合わせることによって、大規模な組織においても、予測に基づいた正確なコンセンサスを形成していきます。直感のみに頼るのではなく、シナリオ分析の機能を利用して予測結果を調整していくことで、予測とそれに基づく計画値の精度を高めることができます。

利点

製品階層全体で統計予測の精度を高める

SASの統計予測エンジンは、指数平滑法やウィンターズ法、ARIMAモデル、動的重回帰法、独自開発した観測不能成分モデルなど、あらゆる高度な予測手法に対応しており、特許を取得しています。企業固有の製品階層全体を網羅したかたちでの予測モデリングが可能です。
また、高性能で定評のあるデータアクセス・ツールと、消費者需要のモデル化を融合することにより、自動的に高精度な予測を提供します。

製品の在庫量削減と欠品回避を同時に実現

SASは現実のビジネス特性を考慮したかたちで予測を実行できるので、ユーザーは自信をもって将来の需要の動きを予測し、計画値の精度を高めることができるようになります。結果として、ネットワーク全体で在庫量が適正化され、サプライチェーン全体の効率化が促進されます。また、適切な製品を適切なタイミングで製造し、適切な場所に保管することによって、製品在庫を削減すると同時に欠品リスクも減らすことが可能です。

組織全体を網羅する予実分析とレポーティングにより、精度の高い計画値によるコンセンサスを形成

SAS独自の高度な分析機能に支えられた体系的アプローチにもとづき、部門間のコンセンサスを形成するための予測プロセスとワークフローを提供します。
優れた予測エンジンにより、高精度で柔軟性の高い予測処理が可能となり、より正確な予測値・計画値にもとづくコンセンサスを形成することができます。
レポーティングでは、全組織の予実分析結果が自動作成され、問題個所の特定や発生要因の分析を行うことが可能です。分析結果はコメントなどとともにデータとして保存され、予測の調整や計画値の変更時に活用することができます。

特長

Demand-Driven Forecasting
  • 事前定義済みモデルを備えたモデル・レポジトリ
  • イベントをモデル化するコンソール
  • what-if分析とシナリオ・プランニング

  • 需要プランニングのためのワークフロー
  • モニタリング、トラッキング、レポーティング

SASの優位性

  • 高精度な予測エンジン
  • シナリオ分析機能
  • 業界に特化したデータ統合とレポーティング
  • さまざまな業種/業界で蓄積された予測・分析ノウハウ

スクリーンショット

お勧めの関連資料

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top