Asset Performance Analytics Screenshot on Laptop

SAS® Asset Performance Analytics

マシン間(M2M)通信データとセンサーデータを有効に活用して、設備資産のパフォーマンスを最大化

このソリューションを利用すると、業務中断やパフォーマンス低下を引き起こし、生産目標の達成を阻害しかねない事象の発生を正確に予測できるようになります。SASのソリューションは、バッチ処理によるデータの読み込みからリアルタイムのストリーミングM2Mデータにまで対応しており、センサーデータの分析を通じて、稼働時間、パフォーマンス、生産性を大幅に高めながら、保守整備コストの削減と収益逸失リスクの軽減を実現します。

利点

ダウンタイムの削減

自動化されたモニタリング機能と予測アラートにより、重大な故障を回避し、長時間に及ぶダウンタイムを防止し、潜在的なパフォーマンス問題が顕在化する前に対処することができます。ワークフローとケース・マネジメントの機能により、問題解決が迅速化します。

保守整備サイクルの最適化

予知保全モデルへの移行を進め、タイムリーなアラートを提供することにより、保守チームは予定した中断時間内に、計画通りにコスト効率よく問題を解決できるようになります。また、設備資産の修理またはリプレースの時期についても最適な判断が行えるようになります。

 

根本原因分析の強化

高度なアナリティクスを駆使して、データの中に隠されたパターンを突き止めて、迅速かつ正確に根本原因を特定。標準レポートおよびアドホック(非定型)レポート機能と、総合的なケース・マネジメントのワークフローを併せて活用することで、以前よりも迅速かつ効果的にトラブルシューティングやパフォーマンス問題の解決を実行できるようになります。

データの可視性の向上

MES(製造実行システム)、ERP、CMMS(設備保全管理システム)などのシステムから収集して統合したデータを視覚的に探索できます。統合データは、幅広いユーザーが利用できる形で提供されます。データの可視性が大幅に向上するため、分析担当者が設備資産パフォーマンスをモニタリング/モデル化する作業も容易になります。

スクリーンショット

主な特長

Asset Performance Analytics Screenshot on Laptop
  • エンタープライズ対応の設備資産パフォーマンス・データモデル
  • 自動のモニタリング機能と警告機能
  • 予測モデリング
  • 記述分析

      • ドリルダウン可能なアラートとレポートを扱えるレポーティング機能とKPIダッシュボード
      • 設備資産のリプレースに関する意思決定のサポート
      • HadoopとSAP HANAデータストレージに対応



      お勧めの関連資料

      White Paper

      Discover how predictive insights can help you balance production supply with customer demand.

      Download now

      ご購入に関する情報をお探しですか?

      Back to Top