SAS Data Management

SAS® Data Management

業界をリードする統合テクノロジーで優れたデータ管理を推進

ビジネス上のあらゆる意思決定、行動、効果的な顧客対応。そのすべての出発点となるのが、適切に統合された高品質なデータです。これなしでビジネスの成功は望めません。SAS Data Managementは、データの改善、統合、統制を支援するデータ品質プラットフォームを基盤として構築された、業界を代表するソリューションです。

利点

生産性を飛躍的に向上させ、業務の効率化を実現

SAS Data Managementの統合環境では、レガシーシステムからHadoopまでデータの保存場所に関係なく、必要なデータにアクセスできるようになります。一度作成したデータ管理ルールは再利用できるため、データ改善/統合のための標準的な手法を追加コストなしで確立することができます。

他の部署とのコラボレーションが容易

IT部門のエキスパートは、データに関連したサポート業務の多くから解放されます。SAS Data Managementを導入すると、業務部門ユーザーがデータの更新、プロセスの調整、結果の分析を各自で実行できるようになるため、コラボレーションが促進され、IT担当者は他のプロジェクトに時間を割けるようになります。

一から専用設計された単一のシームレスなテクノロジー

SAS Data Managementは真の統合性を備えており、寄せ集めのソリューションを何とか使いこなしていくような苦労とは無縁です。データ品質からデータ連携テクノロジーまで全てのコンポーネントが、最初から同一アーキテクチャの一部として開発されています。

信頼性が高く、すぐに活用できるデータで即断即決

SASは、視覚化、分析、業務の用途に適した状態でデータを準備できる手法を確立しており、それを通じてデータの品質、透明性、説明責任の向上を促進します。データ処理をモニタリングするための監査ツールのほか、分析に向けてデータが準備万端の状態にあると確信するために欠かせないソースデータ系統機能も標準装備しています。

Hadoopで処理したビッグデータの統合、管理、ガバナンスにも対応

Hadoopに保管するデータ量が増えるにつれ、そこから確実に価値を引き出す手段の重要性が増します。SASでは、Cloudera Impala(英語)などのテクノロジーを通じてHadoopへの高速で簡単なアクセスを提供しており、ビッグデータを既存のITプロセスに追加することができます。また、MapReduce、Pig、Hive向けの変換を完備しているため、ビッグデータを現在の保管場所から移動せずに、そのまま管理することが可能です。

スクリーンショット

主な特長

SAS Data Management
  • 統一された開発環境:ドラッグ&ドロップで直感的に操作できる役割ベースのGUIを用いて、プロセスやソースシステムへのアクセスを管理できるほか、カスタマイズ可能なメタデータ・ツリーも完備
  • 統合型のプロセス・デザイナー:ビジュアルなイベント設計機能を用いた、データ管理プロセスの構築と編集
  • 優れた接続性とデータアクセス機能:他のほとんどのソリューションよりも多くのプラットフォームで、より多くのデータソースをバッチまたはリアルタイムで処理できる優れた接続性
  • ETL(抽出/変換/ロード)とELT(抽出/ロード/変換):導入後すぐに使えるSQLベースの変換の形でELT機能が提供されるため、データ操作の柔軟性が向上
  • データ連携:データベース構造、エンタープライズ・アプリケーション、メインフレームのレガシーファイル、テキスト、XML、メッセージ・キュー、その他のソースに対する仮想アクセスが可能
  • 移行と同期:データベース構造、エンタープライズ・アプリケーション、メインフレームのレガシーファイル、テキスト、XML、メッセージ・キュー、その他のソースの間で、データを移行または同期することが可能
  • メッセージ・キューイング:メッセージ・ベースの接続性を介して非同期型のビジネスプロセスを統合することが可能
  • 管理とモニタリングの強化:ジョブのステータスおよびパフォーマンスに関するレポートと傾向情報により、各種指標をトレース

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top