Backgrounds 84A1364
SAS ACCESS Interface to Cloudera Impala hero right

SAS/ACCESS® Interface to Cloudera Impala

Hadoopへのリアルタイムアクセスにより、他のシステムと比べ最大65倍も高速化

Hadoopを利用すると、ビッグデータへのアクセスが容易になります。アナリティクスでデータをマイニングすれば、ビジネスに役立つ知見・洞察を獲得できます。しかし現在のビジネス環境では、それでも何かが足りません。それはスピードです。仕事が速いほど、競合他社を圧倒するのも容易になります。導入後すぐに使えるソリューションでSASとCloudera Impalaを接続すれば、低レイテンシーのレスポンスタイムを確保し、作業の効率化と高速化を速やかに実現できます。クエリの実行時間もミリ秒単位にまで短縮されるため、ビジネスデータを瞬時に競争力へと変え、成功を呼び込むことが可能になります。

利点

Hadoopとのダイレクト連携により、高速性と柔軟性が向上

このソリューションはHadoopと直接連携して動作し、各種の一般的なファイル形式を読み取ります。Hadoopの高い柔軟性と拡張性により、飛躍的に効率が向上し、データ活用におけるボトルネックが解消されます。すべてのデータタイプに対応しているため、ブログ、ドキュメント、レコードなど、構造化/半構造化/非構造化のデータを処理することができます。

本来の目的以外の作業を省き、洞察を速やかに獲得

必要な答えを即座に得て、迅速に行動に移せるようになります。データの重複除去や同期処理の必要性がないため、データ処理をスピードダウンさせるタスクを省き、データを活用した業務の効率を高めることが可能です。

Hadoopデータに対してリアルタイムにクエリ、分析、レポートを実行

ネイティブなImpala SQLを用いて、Hadoop関連のデータ操作に関する読み書きの制御をシームレスに行うことができます。SASからHadoopを直接操作することも可能です。つまり、新しいスクリプト言語やコーディング言語を習得しなくても、Hadoopから洞察を引き出すことができます。

メタデータの統合により、業務部門とIT部門の両方の業務を支援

データアクセスとデータ制御に関する機能を業務部門とIT部門の両方に提供できます。直感的に利用できるため、業務部門の担当者もクエリやレポートを実行できます。またIT部門の担当者にも、メタデータの自動更新などの利便性がもたらされます。

スクリーンショット

特長

  • Hadoopのネイティブ機能を活用:分析処理や業務処理の際にHadoopを直接操作することにより、Hadoopのもつ高い柔軟性と拡張性を最大限に活用できます。
  • クエリ、レポーティング、分析を透過的に実行:Hadoopデータをリアルタイムかつシームレスに操作できます。
    • メタデータの統合:直感的に利用できるプロセスにより、データアクセスとデータ制御に関する業務部門とIT部門のニーズをともに満たすことができます。
    • 効率の向上:SQLの実行に適していないMapReduceをバイパスすることができるため、スピードとパフォーマンスが向上します。

        ご購入に関する情報をお探しですか?

        Back to Top