イベント・ベースド・マーケティング

顧客の購買トリガーをタイムリーに検知し、適切なオファーを提示するデータベース・マーケティングの進化形
SAS® Event Based Marketing

顧客のライフステージや取引/購買行動の変化は、顧客の持つニーズの発生や離脱の予兆を示唆しています。
こうした変化=イベントを検知し、そこから推測される顧客行動に先回りして手を打つことで、成約率を飛躍的に向上させることができます。

イベント・ベースド・マーケティングは、顧客の属性情報や過去の取引実績情報から、
日々の顧客行動をトラッキングして購買チャンス(イベント)を検知し、個々の顧客に適切なオファーをタイムリーに提示します。

利点

データ~分析~施策の統合プラットフォーム

イベント・ベースド・マーケティングは、顧客の行動データを取得/ウォッチし、特別な行動や変化(イベント)を検出し、そのポテンシャルを評価し、 営業チャネルに連携するプロセスが有機的かつスピーディに連携する必要があります。このため、異なるテクノロジーを組み合わせる「ベスト・オブ・ブリー ド」アプローチではTCO(総所有コスト)が高くなりがちですが、SAS のワンストップ・ソリューションならTCOを抑えることが可能です。

 

プログラミングが不要

従来型のツールでは、イベント・ベースド・マーケティングを実施するためのロジックの作成、システムへの組み込み、データ抽出を、SQLなどのプロ グラム・ベースで実行していました。SAS は優れた GUI※ により、ビジネスユーザーがビジネスルールを容易に定義することが可能です。
※Graphical User Interface(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)の略

データソースの追加・変更が容易

精度の高いイベント検知とオファーを行うためには、コールセンター、Web、営業活動、キャンペーンなど複数のチャネルから膨大なトランザクショ ン・データを収集・統合し、分析する必要があります。SAS はデータ統合をソリューションに含んでいるため、データソースの追加・変更に伴う、アプリケーションの変更が容易に行えます。

高度な分析を効率良く

SAS は設立以来30年以上にわたり、高度な分析・予測機能を提供してきました。他社と比較してより少ないハードウェア・リソースで、膨大な量のトランザクションデータを高速 に分析する技術に優れ、分析手法を選択するだけで高度な分析を行うことが可能です。

特長

          • オファーの無駄打ちを減らす
          • 最適なアクションを迅速に実施
          • チャンスの兆候を検知
          • 行動の変化、時間の経過にもとづいてトリガー条件を設定可能
          • 顧客の行動を予測した対話

          お勧めの関連資料

          White Paper

          Discover how Vail Resorts uses customer intelligence to create epic experiences.

          Download now

          White Paper

          What constitutes successful marketing in the digital age? Find out.

          Download now

          ご購入に関する情報をお探しですか?

          Back to Top