SAS® Customer Intelligence 360

Woman using tablet on table with coffee

 

的確で、価値が高く、満足いただけるカスタマー・エクスペリエンスを実現

2月16日(木)開催
顧客接点を最適化する“AI×デジタル”マーケティングセミナー

詳細はこちら

マーケティングに関する意思決定を、かつてない高度なカスタマー・インサイトにもとづいて実行。個々の顧客のデジタルデータを従来のデータソースと統合し、顧客について360度のビューを確立。予測マーケティング分析機能により、より深い顧客理解を醸成。インバウンド/アウトバウンドのチャネルを横断し、状況に即した顧客対応を実現。「個客」それぞれのカスタマー・ジャーニーに合わせ、訴求効果の高いカスタマー・エクスペリエンスを実現。

Orange and gold abstract background



Visual Statistics integrated model comparison shown on desktop monitor
Customer Intelligencwe 360 screenshot on monitor

マーケターに真の予測力を提供

高度なアナリティクス機能に裏づけされた、使い勝手のよいマーケティング業務向けインターフェイスにより、マーケターやビジネス分析担当者はデジタルデータの分析・予測を行い、顧客の洞察を迅速に導き出します。これにもとづいて、リアルタイムの顧客対応を組み立てることで、状況に即した意思決定が可能になり、高度にパーソナライズされた的確なオファーを提示し、顧客の心をつかむことができます。

Visual Statistics logistic group-by shown on desktop monitor
Customer Intelligencwe 360 screenshot on monitor

顧客一人ひとりの360度ビューを把握

単にページアクセスログを収集するだけでなく、Webサイトやモバイルアプリなど、様々なデジタルチャネルにおける顧客一人ひとりの行動特性を包括的に理解。こういったオンラインでの顧客の行動、関心、購買、オファーへの反応などのデータと、オフラインの顧客データを容易にリアルタイムで統合し、360度の一貫したビューを確立。顧客行動をより的確に理解することで、確度の高いオファーやキャンペーンを展開することができます。

 

 

 

Visual Statistics bubble plot output shown on desktop monitor
Customer Intelligencwe 360 screenshot on monitor

オムニチャネル横断でパーソナライズされた最上のカスタマー・エクスペリエンスを実現

カスタマー・ジャーニーにおけるタッチポイントは、その1つひとつが顧客を魅了する機会です。そして、1つひとつの顧客対応が顧客にとってのブランド体験を形成します。このソリューションでは、顧客がカスタマー・ジャーニーのどの段階にいるかによらず、状況に合わせた訴求効果の高いカスタマー・エクスペリエンスを創出し、どのポイントでも最適な方法で働きかけることができます。

Visual Statistics decision tree shown on desktop monitor
Customer Intelligencwe 360 screenshot on monitor

リアルタイムの洞察を獲得。
予測精度を継続的に改善

キャンペーンに関する予測モデルを活用することで、統計の専門家の手を借りなくても、ビジネスに大きな影響を与える要因を探り出し、そうした要因や施策の実施がもたらす結果を予測できます。標準装備されたゴールシーク分析により、各要因に求められる最適な水準を見極めることも可能です。また、学んだ知見を用いてモデルを改良できるため、時間と共に予測精度が高まっていきます。

Orange and gold abstract background

 

Woman sitting in chair using laptop

特長

  • オープンなデータモデル:オープンかつ顧客中心型のデータモデルにより、デジタルデータを有意義な洞察に変換。既存のオンライン/オフラインの顧客データと組み合わせるのも容易です。
  • 動的なデータ収集:一行のタグを各Webページに埋め込むだけで、動的なデータ収集が可能に。フォームやフィールドのレベルでタグをメンテナンスする手間を省いて、自社の全てのWebサイトにおける消費者のあらゆる行動データを詳細に収集します。
  • データ収集後のコンテキスト分析:全てのデジタルチャネルやデバイスから収集したデータのコンテキストをリアルタイムで分析します。
  • 匿名利用者の行動キャプチャ:個人を特定できない場合も含め、全てのWebサイト利用者について閲覧中の行動を記録。ログインなどを経て訪問者を特定できた場合は、それ以前に匿名で収集した行動情報を自動的にその利用者に紐づけます。それにより、はるかに情報豊かで的確な顧客プロファイルを構築することができます。
  • 予測モデル、予測分析、ゴールシーク分析:業績目標の達成確率を高めるため、ゴールシーク分析のルーチンをどのように調整すればよいかを分析、判断できます。こうした高度な統計機能や最適化機能は、設定済みの状態で提供されるため、統計の専門家でなくても実行や開発を行うことが可能です。
  • 動的なコンテンツ配置:パーソナライズされたコンテンツをWebページやモバイルアプリのどこに、いつ配置すれば、より効果的に顧客に働きかけることができるかを分析から導出し、自動で最適化します。
  • デジタルアセット管理:使いやすいインターフェイスで豊富なメディアアセットの利用、再利用、バージョン管理が行えるほか、最も効果的な活用場所の判断もできます。
  • SAS® Customer Intelligenceスイートの構成要素として機能:SAS Customer Intelligence 360は、SAS Customer Intelligenceスイートの各ソリューションと完全に統合されています。そのため、導入後即、統合的な環境の中で、個々の顧客レベルにまで踏み込んだ詳細さで、マーケティング・プログラムを分析および実行することが可能です。

コンポーネント

SAS® 360 Discover

個々の顧客活動を動的に収集し、顧客毎の知識へと変換した上で、他のチャネルから得られた知識と組み合わせることが可能。顧客一人ひとりを対象に、理解を深め、モデルを改良し、効果的にマーケティングすることができます。

SAS 360 Discoverの製品資料を見る

SAS® 360 Engage

SAS 360 Discoverや既存のDWH、その他のSASソリューションからの顧客洞察を活用することが可能。正確に対象を絞り込んでパーソナライズしたオファーを作成し、デジタルチャネルを横断し、適切なタイミングで顧客に提示することができます。

SAS 360 Engageの製品資料を見る

Couple looking at monitor

ご購入に関する情報をお探しですか?

購入の具体的な検討を進めたい場合は、
こちらから次のステップへお進みください。

Back to Top