Backgrounds 84A1005
Hadoop EM

SAS® Scoring Accelerator

モデルのスコアリングと展開のためのハイパフォーマンスな環境を実現し、より短時間で結果を取得

現在、多くの企業が望んでいるのは、自動化されたプロセスを用いて、極めて正確な答えを迅速に導き出すことです。しかし残念ながら、ほとんどの企業は大量のデータや分析モデルの集約/分析/処理を迅速に行う手段を持ち合わせておらず、一刻一秒を争うような重要な意思決定を適切にサポートできていないのが実情です。そしてこの問題は、分析プロセスをサポートするために用意される冗長なデータマートによって、さらに複雑化しています。

SAS Scoring Acceleratorを使用すると、SAS® Enterprise Miner TM内で作成したスコアリングモデルをデータベース固有の関数として発行し、その結果をデータベース環境に展開し、データベース環境内で直接実行できるようになります。これにより、不要なデータ移動が減り、データベースのスケーラビリティを活かして分析モデルを迅速に展開できるようになるため、従来よりもタイムリーに情報を取得できるようになります。

利点

モデルスコアリングのパフォーマンスが向上し、結果が得られるまでの時間を短縮

SAS Scoring Accelerator は、In-Database 処理を使用することにより、SASモデルとデータベースの間でスコアリングのためにデータを移動する必要性をなくします。その結果、スコアリング処理にかかるコストが削減され、複雑さと遅延も低減します。モデリングプロセス全体のパフォーマンスが向上するため、より短時間で予測結果を取得できるようになり、競争優位性の強化につながります。

データマイニングとIT部門の生産性が向上

SAS Scoring Accelerator によってモデルの展開プロセスが自動化されるため、IT部門の担当者が手動で変換やスコアリングを実行する必要がなくなります。展開に要する時間が減ると、分析チームは新しいプロジェクトを開始したり、分析から得られた貴重な情報を組織内で広く共有したりなど、より生産的な作業に多くの時間を割けるようになります。また、手動でのスコアリング作業を回避でき、スコアリング用のコードを再検証する必要性が減るため、組織全体で人件費を節約できます。

データ移動と遅延の減少

In-Databaseスコアリングでは、データの移動や複製の必要性が減るため分析処理全体が効率化し、データ分析の正確性も向上します。その結果、データの信頼性や整合性を損なうことなく、分析結果をより速やかに利用できるようになります。

データの管理、プロビジョニング、ガバナンスの向上

データ移動を減らし、データをデータウェアハウス内に集約することで、データガバナンスへの効果的な対処が可能になり、法規制コンプライアンスの徹底にも 役立ちます。また、セキュリティ、監査、管理などの一般的なデータベース機能を利用できるため、規制対象データへの不正アクセスを確実に防止できるように なります。さらに、モデルスコアリングの手順をデータベース内で実行できるため、プログラム実行時の安全性も確保されます。プログラムは、データベース内 で定義された規制境界を越えずに、詳細データを集約および分析できます。

ITリソース利用の効率化とコスト削減の実現

既存のプラットフォーム、ソフトウェア、プロセスに対する投資を活用してその精度と速度を強化できるため、確実に情報の一貫性と信頼性が高まり、よりタイ ムリーな形で意思決定者に届くようになります。その結果、業務効率が向上し、短時間で成果が上がるようになり、分析環境の総所有コストが低減します。

Office background 2

特長

Hadoop and  Big Data solutions page
  • SAS フォーマットライブラリ
  • SAS Enterprise Miner™ Score Exportノード

  • SAS Scoring Acceleratorパブリッシング・クライアント
  • モデルのパフォーマンスを継続的に追跡・監視するための統合環境

SASの優位性

  • SAS Scoring Accelerator は、SAS Enterprise Miner で利用できる統計的変換やモデリングの手法を、データベースシステムが持つスケーラビリティや処理速度と結びつけます。この組み合わせによって、SAS Analytics の超並列処理をサポートする統合分析環境がデータウェアハウス・データベースの内部に実現します。
  • SAS Scoring Accelerator は、完全なスコアリングモデル・コード、モデルの入力と出力を含む関連プロパティファイル、ユーザー定義フォーマットのカタログを受け取り、それらをデータウェアハウス・データベースに展開(発行)します。
  • スコアリング関数をデータベース側に移動することで、データベースが提供するセキュリティ、監査、管理などの機能を有効に活用できるようになりま す。これにより、データ移動の必要性が減り、データベース内に保存されている企業データウェアハウスの利用率が高まり、全体的なコスト削減も実現します。

デモ

お勧めの関連資料

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top