Backgrounds 84A1005
SAS/IML

SAS/IML®

対話式の行列プログラミング(Interactive Matrix Programming)

SAS/IMLソフトウェアは、高度なプログラミング知識をもつプログラマー、統計の専門家、研究者がダイナミックな環境で利用できる強力で柔軟な言語プログラミング言語です。新しいインターフェイスであるSAS/IML® Studioは、対話式のプログラミング機能と探索的データ分析機能を提供するほか、オープン・ソースの統計ソフトウェア「R」と統合が可能です。簡単な 行列操作から推定手法や線形プログラミング、非線形最適化にいたるまでの幅広い問題にSAS/IMLソフトウェアを活用できます。

利点

容易かつ効率的にプログラミングが可能

シンプルな構文を使って容易に数式をブログラム文に変換できます。また演算や文字式を扱うための豊富な機能を用意しています。

ユーザーは独自のモジュールを作成したり、定義済みのライブラリーのルーチンを利用したりできる

実行制御やプログラムのモジュール化に必要なコマンドがそろった制御文を完備しています。幅広いビルトイン・サブルーチンを活用することで、簡単かつ早く効率的にプログラミングを行えます。また、ユーザーは自分のモジュール・ライブラリを作成してソフトウェアの機能性を拡張できます。

インタラクティブな探索的分析を実行できる

多くの場合、データ分析者は、グラフを使ってデータを探索することから分析作業を開始します。グラフィックとデータは関連づけられているため、探索的に変数間の関係の発見、外れ値やデータの特異点の把握するといった分析を可能にします。

遺伝的アルゴリズムを用いた最適化を作成、導入できる

ユーザーは、目的関数や遺伝的演算を指定したり、SAS/IMLが提供する標準的な関数や演算を利用したりするなど、独自のモジュールを柔軟に作成できます。

自動メモリー管理と行列のサイジング機能を活用できる

データ行列の操作を行う際にストレージのdeclare、dimension、allocateなどを行う必要がありません。SAS/IMLソフトウェアが自動で行います。

SAS/IML Studioインターフェイスを介してSASにRコードを送信できる

この機能により、まだSASに導入されていないような新しいメソッドを試すことができます。

Office background 2

特長

SAS/IML
  • ダイナミックな数学演算子とマトリクス演算子を幅広く用意している
  • 制御文
  • 一般的な行列関数
  • 線形代数方程式と統計関数
  • 時系列関数
  • 数値分析関数
  • Rとの統合

SASの優位性

  • SAS/IML Studioは、SAS/IMLソフトウェアで利用できるダイナミックな対話式の新らしいインターフェイスを提供するほか、オープン・ソースの統計ソフトウェア「R」との統合が可能です。ユーザーはSAS/IML Studioを介してSAS/STAT®、SAS/IML、Rを使って、データを探索したりモデルを作成したりするプログラムや、リンク付きグラフィックを使って結果をデータに関連付けるプログラムを作成できます。
  • SAS/IMLソフトウェアは完全なプログラミング言語です。条件文や反復文などの制御構文を使ってプログラムを作成できるほか、幅広いビルトイン・サブルーチンを活用し、より効率的にプログラミングを行うことができます。
  • SAS/IMLソフトウェアには、行列式、固有値、固有ベクトル、一般化逆行列の演算(行列設計やデータのプロッティング)、線形方程式や常微分方程式の連立方程式を解くためのビルトイン関数があります。さらに、多項方程式の解の演算を行ったり、数値積分法を使用したり、線形、非線形プログラミングの問題を解くこともできます。

スクリーンショット

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top