Person working on laptop computer showing SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics data visualizations

 

 

SAS® Analytics for Containers

SASアナリティクスのクラウドへの導入展開を簡略化

柔軟性と拡張性に優れたコンテナ型のクラウド環境の利点を活かした、導入後すぐに実行できるSASアプリケーションを短期間で構築することができます。
SAS Analytics for Containersは、データアクセス、分析、視覚化の強力なツール群をコンテナ化したパッケージにより、コンテナ型のクラウド・アナリティクスを実現します。 

SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics showing sas code for data analysis
SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics showing sas code for data analysis

SASのアナリティクスをクラウドで実行

データ処理をパブリック・クラウドやプライベート・クラウドに移行する組織が増えていますが、現在ではSASのアナリティクスも、そうした場所で簡単に実行できるようになっています。Docker社が提供しているようなコンテナにSASを格納すると、SASのアナリティクスをコンテナ型クラウドとして運用し、データ・サイエンティストとアナリティクス・チームに対して柔軟なDevOps環境(開発側と運用側の連携を高めたソフトウェア開発手法にもとづく環境)を提供することができます。

 

 

SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics statistical methods shown on desktop monitor
SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics statistical methods shown on desktop monitor

導入展開を簡素化および迅速化

このソリューションは「開発は一度、実行はどこでも」というコンテナ環境の柔軟性を提供し、SASのアナリティクスのクラウドでの活用を簡素化・迅速化することによって、真のコンテナ型クラウド・アナリティクスを実現します。SASのアナリティクスなら、ほぼ全てのソースのデータにアクセスし、高度なアナリティクスを実行し、生データを貴重な情報に変換した上で、得られた知見をビジュアル表現で提示し、意思決定者が重要な課題を速やかに把握できるよう支援できます。このソリューションを活用すると、以上の全てを、導入展開が容易なモジュール方式のコンテナを用いてクラウド上で実行できるようになります。

 

SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics coding environment shown on desktop monitor
SAS Analytics for Containers containerized  cloud analytics coding environment shown on desktop monitor

コンテナ型クラウド・アナリティクスとHadoopの処理パワーを融合

ビッグデータ・アナリティクスが必要な場合は、SASのアナリティクスをコンテナ型クラウドで実行できる環境に対し、Hadoopの分散コンピューティング環境のパワーを追加することも可能です。具体的には、SAS Analytics for ContainersをHadoopクラスターの内部または近くに配置し、SASのインデータベース・テクノロジー(SAS Scoring Accelerator、SAS In-Database Code Accelerator、SAS Data Quality Acceleratorなど)と組み合わせます。これにより、Hadoopに蓄積されたデータをSASソリューションの処理対象として、SASのアナリティクスをHadoopクラスター内で実行することが可能になり、Hadoopの分散処理能力の利点をフル活用できます。

SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics data visualizations shown on desktop monitor
SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics data visualizations shown on desktop monitor

トライアルプロセスのあらゆる段階における実験を再現することが可能

大規模で複雑な課題に取り組むデータ・サイエンティストは、ある時点における実験の状態(データ、コード、結果、パッケージのバージョン、パラメータなど)を保存することができます。これにより、トライアルプロセスのどの段階における実験でも素早く再現することが可能になるため、貴重な時間の節約になります。

SAS Analytics for Containers containerized cloud analytics visual programming environment shown on desktop monitor

特長

  • コンテナ対応のSASアナリティクス:真のコンテナ型クラウド・アナリティクスを提供。コンテナ対応のSASソフトウェアは、データ・サイエンティストにとっては使いやすく、IT部門にとっては導入展開が容易です。
  • 業界最高水準の統計分析手法:回帰、決定木、ベイズ分析、空間点パターン分析、欠損データ分析などを幅広く標準装備しています。
  • Webベースのプログラミング・インターフェイス:直感的に操作できるインターフェイスであるSAS Studioが含まれており、SASプログラム、データファイル、ライブラリにWebブラウザからアクセスできます。
  • Jupyter Notebookベースのアクセス:ユーザーはJupyterインターフェイスを用いてSASを直接操作することができます。Jupyter Notebookとは、ノートブック形式のインターフェイスでコードの開発(記述や実行)を行うことができるWebアプリケーションです。
  • パワフルな第4世代プログラミング言語:柔軟性と拡張性に優れ、構文も習得しやすい第4世代プログラミング言語(4GL)を搭載しています。
  • プリセットのSASプロシジャ(SAS PROC):データの操作と管理、情報の保管と検索、高度な統計分析や予測分析、レポート作成など、さまざまな共通タスクを処理することができます。
  • SASマクロ機能(SAS Macro Facility):共通タスクに必要なコーディング量を減らしながら、SASプログラムを拡張およびカスタマイズすることができます。
  • Hadoopデータへのアクセス:コンテナ内でHadoopデータを取り扱い、操作やモデリングを行うことができます。あるいは、処理をデータソース側にプッシュすることも可能で、HadoopやRDBMSを効率的かつシームレスに活用できます。

ご購入に関する情報をお探しですか?

Back to Top