デジタル・マーケティング

概要と重要性

 

デジタル・マーケティングとは電子メディアを通じて製品やブランドのプロモーションを行うことです。デジタル・マーケティングが従来のマーケティングと異なる点は、さまざまなチャネルや手法を用いてマーケティング・キャンペーンを分析し、その有効性をリアルタイムに把握できることです。

つまり、デジタル・マーケティングの担当者はコンテンツの閲覧の有無や、閲覧頻度、閲覧時間、コンバージョン率、コンテンツ毎の反応を常に確認できるのです。最も一般的なチャネルはインターネットですが、その他にも携帯電話のメールやインスタント・メッセージ、スマートフォンやタブレットのモバイルアプリ、ポッドキャスト、電子看板、デジタルテレビ、デジタルラジオなど多種多様です。

デジタル・マーケティングが重要な理由-消費者へのパワーシフト

今やデジタルメディアは広く普及しており、消費者はいつでもどこにいても、求める情報にアクセスできます。製品やサービスについて、企業が伝えたい情報のみを消費者に伝える時代は遠い昔になってしまいました。デジタルメディアはエンターテイメント、ニュース、ショッピング、ソーシャルネットワークなどの基盤として拡がり続けており、企業から発信される情報だけではなく、メディアや家族・友人、同僚、同業者の意見や感想も瞬時に伝達されるようになりました。今日の消費者の多くは、企業が発信する情報よりも、そうした情報をより信頼し重視するようになっているのです。消費者は、信頼できるブランド、自分のことを理解している企業、パーソナライズされた的確なコミュニケーション、自分のニーズや好みに即したオファーを受け取ることを望んでいます。

顧客情報をチャネル横断で管理・分析

顧客との関係を管理するにあたって、デジタル・マーケティングの手法とそれに関連したチャネルは重要ですが、それ以外のチャネルを無視して良いわけではありません。また、単に顧客を知るだけでも十分ではありません。キャンペーン効果を向上するためには、顧客が最も反応しやすいタイミングやチャネルを通じて適切なメッセージを届けることができるよう、顧客を深く理解する必要があります。そのためには、Web、ソーシャルメディア、モバイル、ダイレクトメール、店舗などの全チャネル横断で顧客の嗜好やニーズを把握する総合的な視点が必要です。マーケティング担当者はこのチャネル横断の情報を利用して、顧客を購買に導くために最適なカスタマー・エクスペリエンスを予測し、すべてのチャネルで一貫してそれを提供することが求められているのです。顧客の行動や好みをより深く理解すればするほど、顧客との対話が実り多いものになる可能性が高まります。

Marketing Insights

マーケティング・インサイト

マーケティング分野の著名な専門家が、バラエティに富んだタイムリーなトピックについて洞察を紹介します。

デジタル・マーケティング担当者の課題

  • デジタルチャネルの多様化:消費者は複数のデジタルチャネルを利用し、異なる通信プロトコル/仕様/インターフェイスを備えたさまざまなデバイスを使用しています。デバイスの使い方や用途もさまざまです。
  • 競争の激化:デジタルチャネルは従来のメディアよりも低コストなため、あらゆる規模の企業がどのようなビジネスにも利用できます。その結果、消費者の関心を引き付けるのが非常に難しくなってきています。
  • データ量の急増:消費者はデジタルチャネルに大量の痕跡データを残しますが、そのすべてを分析・活用することは極めて困難です。また、超大量のデータの中から正しい意思決定に役立つ適切なデータを見つけ出すことも非常に難しくなっています。

デジタル・マーケティング成功への3つの鍵

どうすればデジタル・マーケティングを適切に行うことができるのでしょうか?デジタル・マーケティングを成功させるための鍵は次の3つです。

  1. デジタル/従来型を問わずチャネル横断的に顧客情報を管理し分析する。
  2. 状況に応じて顧客とのやり取りを動的に最適化する。
  3. ビッグデータから価値を導き出して、より良い意思決定をより迅速に実行する。

SASのデジタル・マーケティング・ソリューション

他のインサイトはこちら

Big Data Insights

ビッグデータ

記事、調査、その他の注目トピックなどで、ビッグデータに関する洞察を深めることができます。

Analytics Insights

アナリティクス

関連する記事や調査に目を通して、アナリティクスに関する最新の洞察に触れることができます。

Fraud & Risk Insights

リスク管理と不正防止

記事、調査、その他の注目トピックなどで、リスク管理と不正防止に関する洞察を深めていただけます。

Back to Top