データ管理

貴重なリソースとしてデータを管理

データは企業にとって最も貴重なリソースのひとつといえます。ただし、業務システムや取引システム、スキャナー、センサーやスマートメーター、インバウンド/アウトバウンドの顧客接点、モバイルメディア、Webなどありとあらゆるソースから組織に流れ込んでくるデータは、なかなか手に入らなくて困る「絶滅危惧種」のような存在という意味での「貴重」ではありません。

それでは、なぜデータが貴重なのでしょうか? ソース、数量、形式でしょうか? いえ、データの価値は、それを使って何をするかによって決まります。そして、こうした可能性を解き放つための最初のステップとなるのがデータ管理です。では、皆さんはデータ管理について何を知っているでしょうか? 何を知る必要があるのでしょうか? これらの疑問を解消するためには、さまざまな資料を参考にして、データ管理に関する専門家の見解を学ぶ必要があります。

貴社ではデータのアクセス、クレンジング、統合、保存が簡単に行えるでしょうか? 使用しているデータのタイプを組織の誰もが理解しているでしょうか? そして、組織に流れ込んでくるデータを分析するためのシステムを導入しているでしょうか? データ管理を見直す取り組みの出発点として、以下で基本的な概念を再確認してみてください。

  • データアクセスとは、どこに保存されている情報でも、その所在を特定して取得できる機能です。専用のテクノロジーを活用することで、このステップを可能な限り簡単かつ効率的なものにでき、データを探す手間ではなくデータの活用自体に、より多くの時間を費やせるようになります。
  • データ品質とは、データが正確であり、かつ利用目的に適している状態を確保する取り組みです。これはデータにアクセスする瞬間から始まり、他のデータとのさまざまな統合ポイントを通じて続き、最終的にはデータを公開またはレポート化する直前までが含まれます。
  • データ統合は、異なるタイプのデータを組み合わせるためのステップを定義します。データ統合ツールは、この作業を実行するためのステップを設計および自動化できるように支援します。
  • データ連携とは、仮想データ統合の特殊な形態であり、複数ソースのデータを組み合わせる際に、個々のデータを新しい場所に移動して保存し直さなくても、組み合わせた状態を把握できるようにする機能です。
  • データガバナンスとは、組織のデータを適切に管理してデータ戦略とビジネス戦略の連携を図るために定義する(および継続的に見直すことになる)ルールや意思決定のセットです。
  • マスターデータ管理(MDM)は、組織のあらゆる領域で共通して使われる必須データの全てを定義、統一、管理する取り組みです。マスターデータは通常、単一の場所またはハブから一元的に管理します。
  • データ・ストリーミングとは、データを絶え間なく受信しながら同時に利用することを指します。ビジネスにおいては、データが組織内を流れていく過程で、ロジックを適用したり、データ内に潜むパターンを識別したり、複数の用途に活用するためのフィルタリングを適用します。

Data Management Insights

データ管理

データ管理に関する他の最新のインサイトもご覧ください。

SAS Data Management Infographic

データ管理の重要性とは?

分析プロジェクトがうまくいかない場合には、データ管理に問題があるのかもしれません。このビデオをご覧いただき、どのような分析プロジェクトでも、データ管理機能がデータの改善と制御に役立つことをご確認ください。

 

ご注目ください:企業の30%が、ビッグデータ管理戦略をまだ立てていないものの、それが必要であることを認めています。

詳細はTDWI社のレポート「ビッグデータの管理」(英語)をご覧ください

データ重視型の企業

データや情報の寄せ集めから、知識やインテリジェンスを導き出せることが重要です。

パオラ・レプローニ(Paola Leproni)氏
CSI Piemonte社 ガバメント・マネジメント部門責任者

データ管理の取り組みが成功すれば、ビジネスを推進する業務システムや分析システムも、さらなる成功を達成できる可能性が高まります。IDG Research Services社の調査によると、データ管理ソリューションを導入する理由のトップ5は次のとおりです。

  • コスト削減と業務効率向上
  • 俊敏性の向上
  • 既存のビジネスプロセスの改善
  • 意思決定の強化
  • IT部門と業務部門の連携強化

      デジタル経済におけるデータ管理

      貴社のデータ管理は、過去の工業化時代の経済と新しいデジタル時代の経済のどちらを向いているでしょうか?

      両者の違いは何でしょうか? 例えば、貴社ではまだ、あらゆるデータを分類してデータウェアハウスに保存しているでしょうか? それとも、ストリーミング・データや、モバイルデバイスおよびWebなどの外部データソースも活用できるようなITインフラが整っているでしょうか?

      ビッグデータの世界ではデータ管理の概念がどんどん進化しており、企業や組織のシステムもそれに合わせて進化させる必要があります。

      データガバナンスやマスターデータ管理に関する従来型の手法は今も重要ですが、イベント・ストリーム処理やオープンソース・ストレージといった最新の手法を見過ごすことは許されません。

      あらゆる規模の企業が既存のITアーキテクチャにHadoopを統合し、その結果として分析機能を大きく改善しつつあります。その詳細をぜひご確認ください。


      SASがお勧めするデータ管理ソリューション

      他のインサイトはこちら

      Big Data Insights

      ビッグデータ

      記事、調査、その他の注目トピックなどで、ビッグデータに関する洞察を深めることができます。

      Analytics Insights

      アナリティクス

      関連する記事や調査に目を通して、アナリティクスに関する最新の洞察に触れることができます。

      Marketing Insights

      マーケティング

      関連する記事や調査に目を通して、マーケティング分析に関する洞察に触れることができます。

      Back to Top