統計解析

周囲を見回せば、いたるところに統計が見つかります。

統計は、私たちの生活にさまざまな形で関わっています。家庭での日々の生活から、巨大都市を動かすビジネスまで、あらゆる場面で利用されているのです。

統計解析とは?

統計解析とは、大量のデータを収集・探索・分析し、その結果を提示することを通じて、データに含まれるパターンや傾向を明らかにする科学です。統計は調査研究、産業、行政など、さまざまな領域で日常的に利用されており、その目的は重要な意思決定についてより科学的な根拠を得ることです。以下に示すのは、ほんの一例です。

  • メーカーは統計を使って、美しい織物に高い品質を織り込んだり、航空機に揚力をもたらしたり、ギタリストが素晴らしい音楽を奏でられるようにしています。
  • 製薬企業の研究員は統計を使ってウイルスワクチンの生産データを分析し、その結果を活かして生産工程の一貫性と安全性を高めることで、子供たちの健康を守っています。
  • 通信会社は統計を使って加入者の要望に対する理解と洞察を深めることで、ネットワーク・リソースの最適化、サービスの改善、顧客離反率の低減を図っています。
  • 世界中の政府機関は、国勢、企業、国民を明確に把握するために、統計専門家の力を借りています。

周囲を見回せば、洗面所に置かれた歯磨きペーストのチューブから上空を飛ぶ飛行機まで、統計を活用して改善が重ねられてきた何百もの製品やプロセスを目にすることができます。

Analytics Insights

アナリティクス

アナリティクスに関する他の最新のインサイトもご覧ください。

医療結果リサーチから、マーケティング分析、電球の寿命の推定まで、実に幅広い用途に利用されているという点で、統計は非常にユニークな存在です。統計を活用すれば、本当にさまざまなことを実現できます。とても面白い分野です。

ベサ・スミス(Besa Smith)
Analydata社
社長兼上級サイエンティスト

統計コンピューティング

過去数千年にわたり、統計学者たちは伝統的な統計解析手法を使い続けてきました。これは、データのサンプリングから、興味深い結果の取得まで、統計解析のすべての工程に当てはまります。しかし、近年のいわゆる「ビッグデータ革命」により、統計解析の価値と影響力はかつてないほど高まっています。そして、安価なストレージ、強力なコンピューター、高度なアルゴリズムの相乗効果によって、コンピューター統計の活用例は急増しています。

大量のデータを相手に仕事をしている場合でも、計算結果に複雑な順列置換を適用する場合でも、統計コンピューティングは今日の統計専門家たちにとって欠かせないものとなっています。一般に利用される統計コンピューティング手法には、以下のものがあります。

  • 統計プログラミング:従来の分散分析や線形回帰から、厳密法や統計の視覚化技術にいたるまで、統計プログラミングは、データにもとづく意思決定を実現するための手段として、あらゆる分野で不可欠な存在になっています。
  • 計量経済分析:ビジネスプロセスのモデリング、予測、シミュレーションを通じて、戦略および戦術のプランニングを向上させます。この手法では統計を経済に適用して、将来の動向を予測します。
  • オペレーションズ・リサーチ:さまざまな選択肢とその結果(の予測)にもとづき、最良の成果につながる行動を特定します。スケジューリングやシミュレーション、その他の関連するモデリング・プロセスを用いて、ビジネスプロセスや経営課題を最適化することができます。
  • 行列プログラミング:行演算アルゴリズムを用いた独自の統計手法および探索的データ分析を実装するために利用できる、強力なプログラミング手法です。
  • 統計の視覚化:対話操作型の高速な統計解析機能とデータ探索機能をビジュアルな操作画面で活用しながら、データの意味を視覚的に理解し、モデルを構築することができます。
  • 統計品質改善:生産プロセスのすべての側面について品質と安全性に関する特性を検査するための数学的アプローチです。
  • ハイパフォーマンス統計:最大規模のビッグデータを分析する場合でも、インメモリ基盤と並列処理によって優れたパフォーマンスを維持することができます。より短時間で予測モデルを適用し、より頻繁に反復モデリングを実行することができるほか、複雑な分析手法を用いた場合でも短時間で結果を得ることができます。

統計解析を職業に

ニューヨーク・タイムズからGoogle社のチーフエコノミスト、ハル・ヴァリアンまで、誰もが口をそろえて、統計はいま最もホットな職業分野だという見解を表明しています。これに異議を唱える人はいないでしょう。それにしても、統計解析とデータ・サイエンスという職業分野がなぜこれほど話題になっているのでしょうか? それは、きちんとした訓練を受けた分析的思考の持ち主が不足しているせいかもしれませんし、ビッグデータ活用という昨今のプレッシャーから早く解放されたいと考える企業が増えているせいかもしれません。あるいは、数学的概念を適用して世界を変えることに対する期待感が広まっているからかもしれません。


もし統計専門家と話をして、統計解析に最初に興味を持ったきっかけを聞く機会があれば、「子供のころに野球カードを集めていた」といった話をいろいろ聞けるでしょう。あるいは、UNOで勝つために統計を使った経緯を明かしてくれるかもしれません。こうした若いころの情熱がもとになって、統計専門家としての道を歩み始めた人は少なくありません。彼らが大人になると、分析と論理的思考を愛する人々の職場にそうした情熱が持ち込まれます。そして、友人の意見が購買決定にもたらす影響から、世界中の絶滅危惧種に関する研究まで、あらゆる統計解析の対象にその情熱が注ぎ込まれることになるのです。

現役または歴史上の統計専門家から、さらに多くを学ぶことができます。

    統計プロシジャ・コミュニティ(英語)

    SASが運営する統計プロシジャ・コミュニティにご参加ください。エキスパートに疑問点を質問したり、SASの統計関連製品の経験を共有することができます。SAS Statistical Procedures

    他のインサイトはこちら

    Big Data Insights

    ビッグデータ

    記事、調査、その他の注目トピックなどで、ビッグデータに関する洞察を深めることができます。

    Fraud & Risk Insights

    リスク管理と不正防止

    記事、調査、その他の注目トピックなどで、リスク管理と不正防止に関する洞察を深めていただけます。

    Marketing Insights

    マーケティング

    マーケティング分野の著名な専門家が、バラエティに富んだタイムリーなトピックについて洞察を紹介します。

    Back to Top